カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノート >
  2. 妊娠・出産 >
  3. 妊娠中の生活 >
  4. お腹の子を可愛がれるのかという不安について
妊娠中の生活

[12w]お腹の子を可愛がれるのかという不安について [妊娠・出産の体験談]

776人に読まれました
2015-10-01 02:03
現在1歳半である2人目の男の子を妊娠中、1人目の娘が可愛すぎて、果たして産まれてくる子を可愛がることが出来るのであろうか?と思っていました。

男の子であると性別が分かってからは、未知の世界なので不安がありました。
女の子特有の愛らしさや、可憐さしか知らず、、男の子特有の可愛さは全く知らなかったので果たして可愛と思えなかったらどうしよう?!とさえ思っていました。
他所の子を見ても、かわいいなと思えるのは女の子が多かったのです。

そしていざ第二子が産まれてきました。
するとやっぱり自分の子なのでとても可愛くて仕方なかったです。
やっぱり性別は関係なかったんだと思いました。
新生児期も過ぎ、徐々にお肉もついて丸々としたほっぺのお顔が表情良くなって来た頃に、「男の子特有の可愛さ」がじわじわ分かってきました。

生後半年過ぎた辺りからは、「甘えん坊」の顔もちらほら見せ始めました。
男の子をお持ちのママ仲間から「男の子は甘えん坊よー」と言うのを聞いていたのでこれがそうだったのか!という気持ちです。

その頃から1歳半の今ままで、「もう食べちゃいたいくらい可愛い」という気持ちにレベルアップです。
男の子だからでしょうか、2人目の育児で可愛さを感じられる余裕が出て来たからでしょうか分かりませんが、「食べてしまいたいくらい可愛い」という思いは新鮮です。

妊娠中、お腹の子を可愛がれるのかという不安を持っていても、産んでみたらその不安は一気に吹き飛びます、と言いたいところですが、産んでからすぐは内心可愛く思えないママもいると聞きます。
それでも一生懸命お世話しているうちに、3ヶ月くらいからだんだん表情が出始めたりするとまた違った前向きな感情になったりするのでゆっくりママになっていくのもいいと思います。
1

妊娠12w前後の体験談

上へもどる