カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノート >
  2. 妊娠・出産 >
  3. 妊活 >
  4. 33歳の妊活 「眠い、だるい…まさかの更年期障害!?」
妊活

33歳の妊活 「眠い、だるい…まさかの更年期障害!?」 [妊娠・出産の体験談]

591人に読まれました
2015-10-01 16:23
「30代で閉経する可能性が高い」と診断されてから約半年。
「これってもしかして更年期障害では…?」
と思われる症状が出るようになりました。

自宅で家事をしていると、
突然顔がカーッと熱くなることが頻繁に起こるようになりました。

なんの前触れもなくやってきて、
暑いわけでもないのに顔中に汗が吹き出します。

もともと暑がりで汗っかきな私でしたが、
激しい運動をした後でもないのに
顔から滝のように汗が流れ落ちるなんてことはありませんでした。

そんな現象が1日に数回、朝昼晩時間を問わず起こるようになりました。

「もしかしてこれってホットフラッシュ…?」と疑いはじめた頃。

時期はちょうど初夏。
30度前後の気温の日、外を歩いていると、
なんだかフラフラしてきて、頭がボーッとのぼせているような感覚になって
歩けなくなってしまったこともありました。

また時期を同じくして、激しい眠気とだるさに襲われるようになり、
主人を朝送り出してからそうじ、洗たくが終わってベッドに横になると、
気がつくと正午すぎまで寝てしまっていたり、
ひどいときには夕方まで眠ってしまっていたこともありました。

普通ここまで寝てしまえば夜目が冴えて眠れないはずなのですが、
不思議なことに夜もすぐに眠れるのです。
でも、こんなにたくさん寝ても朝目覚めたとき、スッキリした感覚は全くありません。
まだまだ眠いという感覚です。

もう一つ気になったことは、
以前に比べて明らかに物忘れがひどくなったことでした。
友人たちには記憶力がいいとずっと言われ続けてきた私ですが、
友人が覚えていることも、私だけ覚えていないということがあり、
自分でも驚き、とてもショックでした。

病院の先生にこの症状を伝えると、
「閉経が近づいているせいかもしれませんね」と言われ、
やはり更年期障害である可能性を示唆されました。

まさか33歳を目前に、更年期障害を経験するなんて夢にも思ってみなかったので
とてもショックでした。

みんなへメッセージやアドバイス

病院で処方されたDHEAというサプリを飲み始めて3ヶ月が経ち、
今ではホットフラッシュのような症状はあまり起こらなったような気がします。
それでも以前と比べると物忘れがあったり、
だるさ&眠気でベッドから出られない日がたまにあります。
閉経が近づいているのは事実。
うまく付き合っていくしかないのかもしれません。
1

上へもどる