カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノート >
  2. 妊娠・出産 >
  3. 妊活 >
  4. 精密検査ってなんだかややこしい・・
妊活

精密検査ってなんだかややこしい・・ [妊娠・出産の体験談]

434人に読まれました
2015-10-01 19:18
不妊といえば女性の問題とついつい思われていますが、男性が問題があることもあるので、そこは協力してもらわないといけませんよね。それでも、病院嫌いな男性というのがこれだけ多いなかで、風邪をひいてしまって渋々病院に。ならまだしも、産婦人科なんて男性にとっては全く関係のない場所なんですよね。
わたしの主人も同じです。なかなか協力してくれず、なんだかわたしだけの問題のように思えてきて孤独をかんじてしまうことがたびたびあります。
そんな精子検査ですが、男性が自分で病院にいくというのはやはり困難だというケースが多いので自宅で精子をとってきたらそれを奥さんが病院まで運んでくるということができるようになっています。そういうふうにしないと、仕事が多忙な男性たちを待っていたらきっといつになっても男性側の原因がわからないままになっているからでしょう。
精子は採取してから2時間以内のものをもってくること。カイロなどであたためすぎるのもいけないが、冷やしてしまってもいけないので人肌程度ということでタオル一枚に包んで持ってくる人が多いようです。
また、女性の検査は結果がでるまでにすごく時間がかかりますが、男性の検査は数時間でわかることが多いみたいですね。わたしが実際にいった病院もふたつともすぐにわかるからそのあいだ外出していてもらいまた戻ってきてもらうというふうにしていました。
それでもやはり敷居の高いこの検査・・もっと男性理解を深めてほしいなとおもいます。

みんなへメッセージやアドバイス

女性側からしたら精子をだす。それだけのこと。痛いこともないし、大変なことだってない。そんなメッセージが早く主人にも理解してもらいたいな・・
1

上へもどる