カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノート >
  2. 妊娠・出産 >
  3. 妊活 >
  4. 二人目不妊?1年半の妊活の末、10年ぶりに妊娠!
妊活

二人目不妊?1年半の妊活の末、10年ぶりに妊娠! [妊娠・出産の体験談]

723人に読まれました
2016-04-07 10:11
我が家には10歳の年の差の姉妹がいます。
私の持病が原因で10年もの年の差ができてしまいました。
上の子が2歳の時に病気が発覚し、治療に専念し娘が8歳の時に主治医から妊娠しても良いとの支持がでました。

ここから妊活を始めました。始めてから少し経った頃不正出血が続き婦人科に行くと筋腫が見つかり、その場で摘出をしました。結果は良性だったので2回ほど生理を見送ってからの妊活再開となりました。

欲しいと思ったときに妊娠できると思っていました。
妊活を再開してからいろんな事を試しました。マカサプリを飲んだり葉酸のタブレットを食べたり、お酒は飲まず身体が冷えないよう靴下をはいて腹巻もしました。

インターネットで検索魔になり「妊娠検査薬いつから」や「生理が来ても妊娠」など精神的にも追い詰められていた状態でした。妊娠検査薬を使用しては生理がくるのを何度も繰り返しその都度泣いていました。夫婦仲も口喧嘩が多くなりギクシャクしていました。

その時主人から「妊娠する為の行為になってるね」の一言で我に返ったような気がしました。子供が欲しくて主人と結婚した訳ではないという当たり前の事を忘れていたのです。

妊活を始めて1年と半年が経ち、PMSのお薬を貰っていた婦人科の先生に相談しました。
不妊外来をしているところもあるから行ってみては?と話されました。
不妊治療はもちろんインターネットで検索済みでした。タイミング療法や体外受精など。金額も高額なのは分かっていました。かといってその高額を出せるかと言われた時、難しいと我が家では不妊外来は諦めました。

その時、生理が3日遅れていたので余っていた妊娠検査薬で検査をしてみました。薄く陽性反応が出たのです。今まで望んでいた陽性反応が。

でもその5日後、強い腹痛と出血があり婦人科に説明をし診察をしてもらいました。科学的流産。流産のカウントに入らないし妊娠検査薬で調べたからこそ分かった事だと説明を受けました。

私達はがっかりよりも妊娠できるんだという嬉しさの方が強かったです。
この科学的流産をきっかけに妊活でいろいろ試していたことを全てやめて気持ちのリセットをしました。

上の子と映画を観に行き、友達と呑みに行き、主人とも妊娠の為の行為ではなく楽しみながら夫婦生活をしました。

そして妊活を始めて2年と少しが経った時、生理が5日遅れました。また生理が来たらという怖さから一週間待ってから妊娠検査薬を使うと決め2日間ゆったりと過ごしました。
そして一週間後、妊娠検査薬にはクッキリと陽性反応が出ました。
喜ぶよりも、来てくれたという感動しかありませんでした。

みんなへメッセージやアドバイス

私は2年で下の子を授かる事が出来ましたが、もっと時間がかかってる方がいると思います。自然妊娠が出来ましたが、病気や身体の状態で自然妊娠が難しい方も沢山いらっしゃると思います。喪失感、絶望、悲しみ計り知れない辛い感情が沢山で出て来ると思いますが、一つ忘れないで頂きたいのが本来の自分の笑顔です。
心の底から笑えていますか?笑う事は大切な事だと私は今回の妊活で学びました。
0
上へもどる