カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノート >
  2. 妊娠・出産 >
  3. 妊娠後期(8ヵ月以降) >
  4. 妊娠9ヶ月。切迫早産の入院生活。まだ産まれたらだめ!
妊娠後期(8ヵ月以降)

[32w]妊娠9ヶ月。切迫早産の入院生活。まだ産まれたらだめ! [妊娠・出産の体験談]

13370人に読まれました
2016-03-02 12:53
入院生活も1ヶ月が経ち、その間張りを止める薬をどんどん強いものに変え、その度に副作用に我慢する日々でした。
この頃になるとある程度は張りを感じるようになるらしいのですが、私は何が普通かわかりませんでした。

毎朝赤ちゃんの心音の確認とお腹の張りを確かめる検査をしていたのですが、必ず強い張りが一度はくるのです。
ひどい時は1時間に3,4回は張っていました。
  • 切迫早産の入院生活スケジュール

    入院生活のスケジュールは

    8時 朝食
    10時 検査
    12時 昼食
    16時 シャワー
    18時 夕飯
    21時 消灯

    でした。ご飯で驚いたのですが、妊婦さんて結構塩分とか気にしますよね。高カロリーなものとか。
    ですが、普通に1日1回は揚げものが出ていました。味も薄味ではなく普通にむしろ濃いくらいの味付けでした。気にしていたのに大丈夫なんだな〜と思っていました。

    毎食美味しいのですが、長期入院向けのメニューではなく、あくまで産後1週間のメニューだったので、10日のローテーションになっており、最終的には覚えてました。笑
  • 入院中の恐怖

    入院されたことがある人はわかると思いますが、食事が主に楽しみです。笑
    それがなくなると辛いものがあったので、ひたすらスマホかぼーーーっとするかでした。

    テレビもありましたが、もともと見ないほうだったので、あまり見ていませんでした。
    しかし静かにしてると聞こえてくるんですよね。
    お産の声が。私の部屋の近くに分娩室があったのです。声というか悲鳴というか雄叫びというか、、、とにかく私は恐怖でした。
  • これは陣痛?まだ生まれてはダメ!

    そんなある夜、23時くらいでしょうか。
    15分に1回以上の強い張りを感じ始めたのです。いつもと違う感じに怖くなり初めてナースコールを使いました。

    すぐに赤ちゃんの心音と張り具合を調べます。
    定期的にきている張りで腰痛もあったので、初期の陣痛かもしれないと言われました。
    このまま陣痛が始まれば今日か明日に産まれることになります。
    まだ何の心の準備も出来ておらず、お産に対してただ恐怖しかなかった私は怖くて怖くてたまりませんでした。

    お腹の赤ちゃんに何度もまだ産まれてきたらだめ!と言い聞かせていました。
    1時間経ちだんだんおさまってきたような気がして寝たら大丈夫!と思い無理矢理寝ました。笑

    翌朝、いつも通りの感じになっていました。夜中も何度か起きたりしてトイレに行ったけど出血もなかったし、私の言うことをちゃんと聞いてくれたんだなと密かに感動していました。
    でも今思うと、陣痛はあんなもんじゃなかったな、という感じです。(*_*)

みんなへメッセージやアドバイス

少しでも異変があると思ったら病院へ行ったほうがいいと思います。心配を引きずってるのも嫌ですもんね。
2

妊娠32w前後の体験談

上へもどる