カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノート >
  2. 妊娠・出産 >
  3. 出産 >
  4. 陣痛時のダンナさま。産後クライシスはここから始まる。
出産

[40w]陣痛時のダンナさま。産後クライシスはここから始まる。 [妊娠・出産の体験談]

564人に読まれました
2015-10-03 00:48
3人の出産すべてに立会いをした夫。
心強い反面、「???」なことも「怒怒怒」なこともありました。
陣痛の痛みは忘れますが、陣痛中の夫の態度は忘れません。

■一人目の時のこと。
陣痛が始まったのが夜中の2時ごろ。夫は、直前までゲームをしていたらしく、ちょうど寝ようかというところだったそうです。近所の病院でなおかつ初産ということもあり、陣痛が2.3分間隔になるまで自宅待機だったのですが、徐々に痛みがひどくなるころ、夫は「もう無理!」と私に背を向け寝てしまいました。
入院してからは、一生懸命腰をさすってくれたりしたのですが、徐々に変わる痛みのツボが夫に分かるはずもなく。それに加え、時折うたた寝しそうな姿に、苛立ちを感じることもありました。
それでも、分娩室で最後まで手を握っていてくれたことはありがたかったです。
が、生まれた瞬間、私より先に号泣してしまい、私は感動の涙を流す機会を逸してしまいました。

初産から8年以上たちますが、陣痛がピークに向かいつつある中「もう無理」と背中を向けられた時の恨みはまだ消えません(笑)

■二人目の時のこと
このときは、留守を預ける義母の自宅到着次第、病院に来てくれました。
分娩室に入るタイミングで駆けつけ、それから30分足らずで生まれたので、これといったエピソードはないのですが、あまりの痛みで「もうムリ!!」と音を上げた時に、「もっと頑張れよ!」と言われ、カチンときたことを思い出します。

■3人目のときのこと
週明けの早朝に陣痛開始。
陣痛室では、急きょ会社を休むことになったので仕事の段取りやら、クライアントへの連絡やらで、ずーーーーーーーっとケータイいじってました。
忙しいのはわかるけど、少しはいたわってほしいと思いつつ、口に出したら大喧嘩になりそうなので、私のほうから背を向けて陣痛の痛みと闘っていました。
時々様子を見に来る助産師さんは、お互い言葉も交わさず、背を向けあっているのを見て
心配になったかもしれまん。                                        

みんなへメッセージやアドバイス

私が、このように不満を抱いていることはいざ知らず、当の夫は3人とも立ち会えて大満足です。
そんな単純なものではないんですがね・・・。
3

妊娠40w前後の体験談

上へもどる