カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノート >
  2. 育児 >
  3. ママの悩み >
  4. 育児ノイローゼ?長女の寂しさと次女のお世話。
ママの悩み

[10歳]育児ノイローゼ?長女の寂しさと次女のお世話。 [育児の体験談]

608人に読まれました
2015-10-05 22:35
我が家の姉妹は10歳の年の差があります。それは、私の持病が原因でした。
育児するにあたり不安は沢山ありました。保育園の時から七夕やクリスマスには必ず「妹が来ますように」と願っていた長女も次女が産まれてきたら赤ちゃん返りや寂しい思いをさせてしまうのではないかと主人とも話していました。
次女がお腹にいた時から悪阻、不正出血で心配をかけてしまい行動も私と一緒だったのが主人とになり寂しさはあるだろうなと心配はしていました。夏休みに産まれる前にと3人で旅行に行った時、長女は最後だとばかりに私に甘えてきました。その姿を見ると愛おしさと長女に沢山我慢をさせてしまったという気持ちとで複雑になりましたが、甘えには全て応えるようにしました。いざ、次女が産まれ次女のお世話でいっぱいになった時「なかなか話を聞いてくれない」や「ママと寝たい」といい始めそれがだんだんとエスカレートしてきました。寂しさの表れなんだとすぐわかりました。子供達が寝た後に主人と話、今度長女と私で二人で買い物に行くと決まり出かけました。
長女はわがままも言わず「久しぶりだねママと二人」と終始ニコニコ笑顔でした。
たまにこういう時間は大切だと主人と話ました。次女の事も可愛がる長女。ずっと待ってたからと愛おしそうに一緒に眠ったり、絵本を読んだり今までの願望を一つ一つ叶えていってます。それに反するのが次女。絵本の途中で逃走したり、長女の宿題を邪魔したり。二人で喧嘩のような状態になり泣いてしまう次女も長女が好きで学校から帰ってくるとお出迎えをし、後ろを追っかけて歩きます。朝登校する時もお見送りをするのも今では日課です。一緒に行きたくて泣く時もありますが。
母親として子供達に教えることはいくらでも出来るけれど、学んでいくのは兄弟の中でもみ合いながら強くなっていくんだと感じています。
まだまだ育児は続きます。その中で悩む事も多くなってきている今、一人で抱えず主人や義母や義父に相談し自分の中に溜めないよう努めています。

みんなへメッセージやアドバイス

赤ちゃん返りは何歳になってもあると保健師さんから話された事がありました。
全くその通りなんです。私は主人と話「お姉ちゃんなんだから」という言葉は一切使用していません。実際、妹や弟を望んでいたとしてもまだまだ子供にお姉ちゃんなんだからと話しても嫌な気持ちにしかならないし、お姉ちゃんでいることに疲れてしまうからです。
私たち夫婦は長男、長女なのでその気持ちがすごく分かるからこその結論なのかなと今思ってます。
1

妊娠10歳前後の体験談

上へもどる