カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノート >
  2. 育児 >
  3. ママの悩み >
  4. これを見てお勉強?!ママ友ドラマ②
ママの悩み

[4歳]これを見てお勉強?!ママ友ドラマ② [育児の体験談]

359人に読まれました
2015-10-07 00:48
☆マザー・ゲーム〜彼女たちの階級〜(2015年放送)
こちらのドラマは最近まで放送されていたので観ていらっしゃった方も多いのではないでしょうか。
「マザーゲーム」も「名前を失くした女神」の『ようこそ、ママ友地獄へ』同様『ママカースト』という恐ろしいコンセプトがあります。やっぱり「ママ友」って怖い世界ですね(笑)

待機児童に悩むシングルマザーの主人公・木村文乃。区役所で吠えていたところを幼稚園を経営する室井滋に声をかけられ、彼女の幼稚園へ入園することに。しかし、そこはお受験当たり前のセレブ達が通う幼稚園だった…。そうとは知らずに入園した、木村文乃の一筋縄ではいかない幼稚園ライフを描いたドラマです。

「名前を失くした女神」と違って、幼稚園が幼稚園だけに「うわーこんなセレブ幼稚園イヤだわー」と一歩引いて観れる分、楽に観れる気がします。それと、主人公と主人公の旧友・貫地谷しほり以外はセレブなのですが、それ故の悩みがあり、それぞれのキャラがしっかり確立されているのでドラマとして観やすいです。

木村文乃…仕事と育児の両立に悩む。
貫地谷しほり…無理して周囲に合わせ、家計とにらめっこ。行きつく先は危ない橋。
檀れい…親子関係に悩む。幼稚園No.1セレブ故に、個人間では済まされず、やがて大きな事態に。
長谷川京子…姑との関係に悩む。見て見ぬふりの夫とそんな大人たちに呆れた娘との家庭不和。
安達祐実…娘のために仕事をやめたが、不慣れな育児と家事に悩む。旦那ともうまくいかず、娘の習い事のコーチと不倫関係に陥る。

主人公が「はっきり言わせてもらいます!」とお決まりのセリフを言って、それぞれの家庭に口を出していくのですが、個人的にはあれは「うーん…」。リアルにあんな人がいたら嫌われるだろうなぁと思います。が、それ以上に貫地谷しほりの態度にイライラするのであんまり気にならなくなります。(笑)

このドラマの見どころとしてもう一つ。主人公のバツイチ・シングルマザーという設定をいかして、この手のドラマにはあり得ない恋愛模様も必見です。瀬戸康史に胸キュン!しますよ!!


余談ですが、この2つのドラマに安達祐実が出ているのですが、REX時代を知っている私からすると、本当に色っぽくなりました。グラビアデビューしたときも驚いたけども、今やすっかりリアルでも役でも母親!時の流れを感じます……ハンバーーーーグ!!
0

妊娠4歳前後の体験談

上へもどる