カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノート >
  2. 妊娠・出産 >
  3. つわり(悪阻) >
  4. つわりで朝が起きれない、においづわりの日々
つわり(悪阻)

[8w]つわりで朝が起きれない、においづわりの日々 [妊娠・出産の体験談]

1046人に読まれました
2015-10-07 12:02
妊娠中に経験するつわり、私は入院するほどのつわりではなかったですが、つわりと専業主婦ということもあって、生活リズムが乱れました。つわりが始まったのは、大体8週くらいと初期の頃からでした。

まず、朝が起きれない。起床時間は、大体午前9時以降、起きても気持ちが悪くて動けないので、お昼くらいまでは横になって過ごしてました。

午後から家事をするんですが、ご飯の準備がつらかったです。においで気分が悪くてなることが多くて、苦手だったのがご飯が炊けるにおいと魚を焼く匂い、なので、マスクを付けてご飯の準備をしていました。

そして、夜になると今度は寝つきが悪くて…朝が動いてないのが関係あるんでしょうが、そんな悪循環な生活リズムになりました。

何度か早起きして生活リズムを正そうとしましたが、結局、起きる→気分が悪くなる→横になる、だったので、あんまり意味がなかったです。

気分が悪くなるというのは、胃がムカムカしたり、えづいたりといった症状がありました。

後、困ったのは歯磨きがとても嫌になったこと。歯を磨いてるいるとすぐにえづいてしまって、つわりが治るまではまともに歯磨きできませんでした。

結局、安定期の5ヶ月に入ったあたりから、徐々におさまりました。

みんなへメッセージやアドバイス

つわりもつらいんですが、やはり1番つらいのが、周りに理解してもらえないこと。特に旦那さんの理解がないと心ない一言にとても傷ついたり、なぜ家事ができないのか自分を責めたりする日々でした。そして、よく聞く話の通り、当時から4年経過しましたが、つわりの時に言われてショックだった言葉は、今でも忘れられません(笑)
1

妊娠8w前後の体験談

上へもどる