カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノート >
  2. 育児 >
  3. 授乳 >
  4. 卒乳の決意と時期
授乳

[1歳5ヶ月]卒乳の決意と時期 [育児の体験談]

362人に読まれました
2015-10-07 12:53
母乳がよくでたこともあり、子どもは哺乳瓶知らずの生活を送っていました。
そして、1歳が過ぎたころ、まわりで「卒乳」や「フォローアップミルク」やらの話がザワザワ聞こえ始めました。

食事も普通の食事になったとはいえ、夜はおっぱいがないと眠れないし、夜中も泣くので、そのたびに授乳をしていました。
授乳の時間が母の特権であり、触れ合えている至福の時間であると感じていましたが、いささか、夜中に何度も起きるのは体力的にきつくなってきました。

周りでもすでに混合の子はおっぱいを欲しがらなくなっていたり、思い切って1歳で卒乳させたママもいたりして、そろそろなのかと自分も感じてきました。

1歳6ヶ月健診を目前に控え、「卒乳させてないと保険指導員に怒られる」という話が聞こえたりして、焦りも感じてきました。

そこで、思い切って1歳5ヶ月に卒乳を決めました。

卒乳をすると決めた日の1週間まえから、そろそろナイナイしようね。と毎日言い聞かせていました。

まず、夜の寝かしつけの際に胸に絆創膏を貼ったところ、こどもが「あれ?無い?」という反応から、ぎゃん泣きで泣きつかれて寝てしまいました。2日目も同じ状態。寂しそうな顔としぐさがとても辛かったです。3日目についに何も泣く事もなく寝ることができました。

いざ、卒乳してしまうと、なんだか寂しくて、授乳はすごく大事なコミュニケーションだなってものすごく感じました。
今思うと、もう少し自然と離れるのを待っても良かったかも・・・。という思いもあります。

みんなへメッセージやアドバイス

卒乳は時期にこだわらず、子どもとの関係で見極めていいと思います。
1

上へもどる