カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノート >
  2. 妊娠・出産 >
  3. 出産 >
  4. 早産*妊娠33週2日で帝王切開!その時は突然やってきました…
出産

[33w]早産*妊娠33週2日で帝王切開!その時は突然やってきました… [妊娠・出産の体験談]

27396人に読まれました
2016-03-16 17:55
今年のクリスマスとお正月は病院ですごすのかぁ…と少し寂しい気持ちでいましたが、病院のクリスマスの日の夕食がチキンとサンタさんのゼリーがついていたので、ちょっとクリスマス気分が味わえ、嬉しくなっていた次の日です。
  • お腹の張りが多くなる

    最近は入浴日にちょうどお腹の張りが多くなり、5日程入浴できていませんでした。毎日清拭はしているのですが、頭は洗えないのでとてもかゆくなって、くさくなっていました。

    看護師さんが洗髪しましょうかと言ってくれ、先生からもOKが出て、その日の夕方洗髪をしてもらいました。とてもすっきりして、爽快な気分になり、ちょっと疲れた(寝たきり生活も長くなっていたので、ちょっと動くだけでも疲れるのです)ので、少し眠ろうかなと横になりました。

    いつもより少しお腹が張るかなと思いましたが、洗髪して少し動いたからだろうと思い、そのまま休みました。
    そして寝て起きると、夕食の時間になっていました。そして、運ばれてきた夕食を食べ、いつものようにすぐ横になりました。ところが、何だかお腹が張る回数が急に多くなってきたのです。

    これはいかんと思い、自分で張る頻度を測ってみました。最初は30分おきくらいだったのが、15分、10分とだんだん短くなってきたのです。

    「あ~これは点滴の濃度が上がるな~」と思いながら、ナースコールを押し、お腹を図る機械をつけてもらいました。やっぱり、それくらいの間隔で張りが出ていました。
  • 33週2日で帝王切開決定

    担当医の先生が来てくれました。「点滴の濃度上げますね」と言われると思っていた私は先生の話を聞き、頭が真っ白になりました。「今からお腹切ろうかな?血液検査の結果が出たんやけど、母体の肝機能の数値が悪くなってて、これ以上は点滴を上げることができんのよ…。それに、お腹の赤ちゃんは逆子でへその緒がちょうど子宮口のところにあるから、もし夜中寝てる間に陣痛が来て破水したら、赤ちゃんの命が危険な状態になる可能性があるんよ。それなら、今ならドクターの数も多いし、オペができるから、安全な時に…。」

    私は、絶対正期産までもたせる!と思っていたので、思わず、泣いてしまいました。先生は「ゆっくり旦那さんと相談して決めていいよ」と言ってくれました。
    そして、夫に電話し、赤ちゃんが危険な状態になることはさけなければということで、今から帝王切開することに決めました。

    もともと逆子でへその緒が下にあることは分かっていたので、帝王切開の予定は決まっていましたが、まだ1か月半も先だったので、あまりに突然でした。
    そして、33週2日で帝王切開することになったのです。

みんなへメッセージやアドバイス

出産って人それぞれ、色々なケースがありますよね。私の体験を読んでいただいて、これから出産を迎えようとされる方が、「あ~こういうケースもあるんだ~」と少しでも参考になればと思います。
わが子は無事産まれて、現在とても元気です!大丈夫です、何とかなります!!頑張ってください!!
2

妊娠33w前後の体験談

上へもどる