カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノート >
  2. 妊娠・出産 >
  3. 妊娠中の生活 >
  4. 育児してみて初めて分かった気持ち
妊娠中の生活

[14w]育児してみて初めて分かった気持ち [妊娠・出産の体験談]

922人に読まれました
2015-10-08 13:02
子どもが産まれるまで社会人として働いていた頃は、赤ちゃん連れのお母さんをみるたびに、「のんびりしていて幸せそうだなあ」と思っていました。

いざ自分が子育てするようになると初めて分かったことが沢山ありました。
決して、赤ちゃんとの生活はのんびり出来ないし、赤ちゃんは割と外では機嫌良く過ごすことが多いから、のんびりと楽しそうに見えていたのかもしれません。

まず、育児している中、(もちろん実際に自分は決して虐待はしないですししようと思いません)「ニュースに出てくる虐待した親はこんな時にきっと虐待してしまったんだなー」と思った局面に出くわす事です。

それは、例えば赤ちゃんが長時間泣き止まないときなどです。
抱っこしても授乳しても外の空気に触れさせてみても、着ている服の何かが当たって痛いのかなと着替えさせても、小児科で診てもらって特段悪いところが無いと診断されても、それでも泣き止まないときがあります。
赤ちゃんが泣き続けていると段々と心は放心状態になってきます。
私の場合はそういったことは今までに1、2度でしたが、ずっと泣いている赤ちゃんをお持ちのママさんパパさんはもっとツラいと思います。

決してどんな時であろうともちろん赤ちゃんに危害を加えてはなりませんし、実際に危害を加えようとも思いませんが、ニュースになった事件の理由が少し分かるということは、私の周りのママさんからもよく耳にしました。
元保育士さんであっても、とっても穏やかなママさんであっても同じ事を言ってたので、子育ては思ったよりも辛い時があると言えます。
私の場合は、辛くても、赤ちゃんの愛らしさや成長の喜びで何とかやっていけました。
周りのサポートも救われました。

みんなへメッセージやアドバイス

子育てが辛いと感じるときは、無理しないで周りの方のサポートをどんどん受けていくといいと思います。
実際話す人を探すのが今すぐ難しい場合は、育児サイトでも同じ状況のママさんが沢山いて、悩みを共感できたり、解決出来たりもします。
あまり育児サイトの情報に惑わされるのも良くないですが程よく、活用出来たらいいなと思います。
3

妊娠14w前後の体験談

上へもどる