カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノート >
  2. 育児 >
  3. トイレトレーニング >
  4. 電球とトイレトレーニング。
トイレトレーニング

[2歳]電球とトイレトレーニング。 [育児の体験談]

372人に読まれました
2015-10-08 13:57
トイレトレーニングは根気のいる事だと私は長女の時に学びました。
今回も長女の事を書いていきます。
トイレトレーニングのスタートが遅かった長女、2歳半からスタートしました。
まずはおまる作戦からやってみました。トイレはここですると分かるように「シーシーはここでするんだよ」と言い聞かせ何度も何度もトライしてみました。
シーシーはおまるでする事は認識しましたが、実践はなかなかうまくいかず・・・。
仕方のないことですが、やっぱりイライラしたりしちゃうんですよね。
そして長女のトイレトレーニングに一筋の光が差しました。保育園が決まったのです。
みんながやることを真似るのではないかとほんの少しの希望を保育園に託しました。
半年間、おまるでシーシーしか学んでいない長女はトイレを覚えるのか、期待と不安でいっぱいでした。
集団生活の中で長女のトイレトレーニングはかなり遅いようでみんながトイレに向かうのに一緒について行くような形でした。
やっぱり遅かったかと後悔はしましたが、今後悔しても遅いと思い保育士からの指導も受けながらトイレトレーニングを続けました。
おまるよりも便座に付けるタイプの方が長女には合っていたようでステップ(我が家ではお立ち台と呼んでいました)を置いて自分でも登れるようにしました。
そこから早かった長女。あっという間にトイレを覚えました。保育園は素晴らしい!!集団生活の中で覚えたのです。
ただ、トイレの電気はつけっぱなしにして欲しいとの長女からの要望で今の時代エコと騒がれている中、長女の為にトイレの電気はつけっぱなしでした。電球が切れるのが早くても長女がトイレを頑張っているので惜しみなく買っては付けていました。

みんなへメッセージやアドバイス

トイレトレーニングは根気のいる事だと長女で学びました。
次女はこれからトイレトレーニングですが、きっとその子に合うトレーニングがあると思うので根気強く見つけ出していけたらと思ってます。
1

妊娠2歳前後の体験談

上へもどる