カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノート >
  2. 育児 >
  3. パパの育児 >
  4. パパの育児とママの育児。
パパの育児

[1歳1ヶ月]パパの育児とママの育児。 [育児の体験談]

509人に読まれました
2016-11-02 16:23
イクメンという言葉が世に広がり、今ではパパも積極的に育児をしている家庭も多くなってきてると思います。
育休をパパが取れるようになり、ママも助かるのが理想ですが会社や企業はまだまだそういう体制が整っていないように感じます。
私自身マタハラで会社を退職しているので、メディアで言われているほど浸透していないんではないかと日々感じます。
我が家の育児ですが、主人は会社に行き長女は学校に行き私と次女が日中一緒に過ごしています。2人目育児なので気持ちはまだ長女の時より余裕はいくらかあるもののフル活動で1日が終わります。
子供達にとってパパの役割、ママの役割というのがあると思うのですが長女の宿題は主人が見てくれている間は私が次女を寝かしつける。その反対もありで我が家では臨機応変で対応しています。
パパとママの違いといえば遊び方です。
私は絵本を読んだり手遊びをしたりしますが、主人は体を動かすのがメインになります。
もともと体育会系の主人なのでボールで遊んだり、長女とサッカーをしたりとアクティブに遊んでいます。
子供達もインプットしているようで、家でゆっくり遊びたい時はママで思いっきり体を動かしたい時はパパにと我が家の遊びは成り立ってます。
もちろん、子育て全般の事は2人で相談しながらですが子供達がママを求めれば時間を作り、それはパパも同様に対応しています。
もっと企業や社会が育休を取りやすい環境を整えてくれたらもっと子供達の気持ちも埋められるのではないかと考えてます。

みんなへメッセージやアドバイス

会社によって産休を拒む会社もありますし、結局は男女平等といっているのは実際のところ本当にそうなのか疑問に思う事が沢山あります。
かと言って、労働省まで出向くのは妊婦にとって大変な事ですし負担になります。
少子化の世の中もっと子育てに適応した社会になる事を私は願ってなりません。
1

上へもどる