カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノート >
  2. 育児 >
  3. 授乳 >
  4. 新米双子ママ❤︎双子の母乳育児編⑥
授乳

[0歳1ヶ月]新米双子ママ❤︎双子の母乳育児編⑥ [育児の体験談]

368人に読まれました
2015-10-08 22:04
初めての親子の根比の末、おっぱいに吸い付けるようになった2人の様子をまとめました。
  • タコの吸盤?引っ張られてる⁉︎

    おっぱいが先に上手になったのは次男でした。
    いつも通りに咥えさせてアムアム頑張っていたら、あら?なんか引っ張られてる??と言う感覚が…
    いつもなら、アムアムしてても顔からおっぱいを離すとスーっと離れるのに、今日は顔が離れない!
    これが吸われてる感覚かぁ‼︎とこの時初めて分かりました。そして、その時の時間の口はまるでタコでした。笑
    次男の成功から1週間後に長男も吸い付きに成功して、母乳育児への希望の光が差し込んだ感じがしました。
  • 直母練習用の哺乳瓶

    直母が上手になってきたけど、まだまだ哺乳瓶のお世話になっていた双子。
    せっかく覚えた感覚を哺乳瓶で崩したくないなぁ…
    と思い始めたのがきっかけで、哺乳瓶について色々調べてみました。そしたら、おっぱいケアで有名な桶谷式とピジョンのコラボ哺乳瓶「母乳相談室」を発見しました!
    この哺乳瓶の特徴は、お母さんのおっぱいに近づけた形状の乳首で、しっかり吸わないと簡単にはミルクを飲めないと言う構造でした。
    食いしん坊の双子はいつもは5〜10分で飲み終わるのに、母乳相談室に変えたとたん授乳タイムが3〜4倍長くなり、時には飲みきる前に眠ってしまう事もありました。
    相当な力を必要とするようです。

みんなへメッセージやアドバイス

小さく小さく産まれた双子は、本当に力がなく、哺乳瓶を変えてからの授乳タイムは時間がかかってやや苦痛でした。
しかし、哺乳瓶を変えるという選択は大正解でした。
その事については、⑦で書きたいと思います。
1

上へもどる