カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノート >
  2. 育児 >
  3. パパの育児 >
  4. パパの寝かしつけまでの道のり
パパの育児

[0歳3ヶ月]パパの寝かしつけまでの道のり [育児の体験談]

704人に読まれました
2015-05-26 10:38
  • ママじゃないと寝ない!

    我が家の子供たちは、寝るときは必ずおっぱいを飲みながら寝ていたので
    必然的に、寝かしつけはおっぱいの出るママの仕事ということになっていました。

    パパもそれが当たり前のように思っていて、寝かしつけは自分のできることはないと
    思い込んでいました。

    1番目の子は夜泣くことも多くて、おっぱいをあげても飲まずに、ずっと抱っこで
    あやさないと寝ない、という時期もあったので、
    そういうときは、パパに寝なくて大変だから抱っこを代わってほしい、と頼めば
    代わってくれることはありました。

    でも、寝かしつけはママだけっていうのが私は凄く嫌で、パパも寝かしつけはママと考えていて
    自分がやろうとも思わないことが凄く気に食わなかったので
    赤ちゃんの頃から、何度かパパに寝かしつけをお願いすることがありました。

    私しか寝かしつけをしないからパパに慣れないんだ、
    赤ちゃんの頃から慣らしていかなければずっと寝かしつけは私の仕事になると
    思ったのです。

    パパが子供を寝かしつけている間、私は隣の部屋にいるのですが
    いくら時間が経っても一向に寝る気配はないし、結局子供がだんだんぐずって来て
    しまいには大泣き。

    そうなるとパパも「やっぱりダメだから代わって」と言って助けを求めてきます。
    そんなことで結局毎回失敗に終わっていました。

    その後も何度かパパに寝かしつけを頼むもののいつもうまくはいかず、もうパパでは寝ない子なのかなぁとあきらめていました。

    1歳半で断乳して、さあこれでパパでも寝かせられるだろうと思ったのですが
    ずっと私が寝かしつけていたので、いきなりパパと寝るというのはすんなりいきませんでした。

    2歳を過ぎた頃、戸建て住宅に引越し、二階が寝室になりました。
    パパが休みの日は、最初は3人で寝ていたのですが
    私が何か用があって、パパに子供をお願いして二人で寝室に寝てもらったことがあったのですが
    なんとあっさりと寝てくれたのです。

    え?今まではなんだったの?というくらいあっさりでした。
    新しい環境になったことがきっかけだったのか、
    今までの家は、ふすま一枚隔てた隣の部屋にママがいたので、
    すぐにママを求めてしまっていたのかなぁと思いました。

    1階と2階と、部屋が離れていたので、なんとなくママの気配を感じずに
    すんなりとパパと二人で寝れたのかなと考えました。

    それからというもの、パパの寝かしつけも全く嫌がることなく寝てくれるようになったので
    私が下の子を妊娠して、入院となったときも、問題なくパパと二人で家で過ごしてくれて
    本当に助かりました。

みんなへメッセージやアドバイス

ママとじゃないと寝ないという子は、ママも心配でついつい二人を気にしてしまうし
パパと子供も最終的にはママがいる、ということで頼ってしまうような気がします。
なので思い切ってママは夜飲み会に行く、とか遊びに出かけてしまうのが
お互いきっぱりあきらめがついて、頑張れるんではないかなぁと思います。
子供にも、今日は夜ママがいないからパパと寝るよ。と言えばあっさりあきらめがつくような気がします。
4

上へもどる