カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノート >
  2. 育児 >
  3. 病気と症状 >
  4. 3歳で自閉症スペクトラムと診断。突然わが子が障害児と診断されたら
病気と症状

[3歳]3歳で自閉症スペクトラムと診断。突然わが子が障害児と診断されたら [育児の体験談]

6926人に読まれました
2016-02-04 16:11
息子が3歳で自閉症スペクトラムと診断された医者には、
「お母さんがまず自閉症について勉強してください。必要があるなら、行政に電話して、必要な支援を受けてください。」とだけ言われました。
  • 障害者支援施設へ電話

    後から分かったことですが、その病院は思春期の発達障害の子供を主に診ているようで、幼児期の発達障害は診断しかしていないようでした。

    私たち親子は突然出口の見えない穴の中に放り込まれたような、見放されたような感覚だったことを覚えています。

    とりあえず、突然わが子が障害児と診断され、何をしたらいいのか分からず、市内の障害者支援施設へ電話をかけてみました。

    「今特に困っていることはありますか?」と聞かれ、「子供が集団生活をうまくなじめない」と話したのですが、「市内の子供センターへ連絡してみては」といわれたのでした。
  • 療育を受けたいけれど…

    子供センターはすでに以前から通っていて、相談も頻繁にしている場所でした。

    すぐに療育を受けたいけれど、市内の療育園は定員がいっぱいで何ヶ月も待ちの状態だし、通えたとしても幼稚園を週2,3回休んで通わなければならない。

    なにより困ったのが、療育園はとても不便な場所にあり、我が家には車がないので、産まれたばかりの下の子がいて通うのはとても大変だということでした。

    今せっかく頑張って通っている幼稚園なのに週に2,3回も休ませてしまうのも子供が混乱してしまうのではないかと思い、結局療育園はあきらめて、幼稚園だけ通うことにしました。

    幼稚園の担任の先生はベテランの先生でとても指導がうまく、息子も3学期になる頃には先生の指示は100%聞けるようになりました。
    もしかしたら、療育に通えばもっともっと伸びたのかもしれないですが、親も勉強して子供との接し方を考えたり、幼稚園の先生の理解を得て、連携して指導していけば、どんな子でも伸びていくと思います。

みんなへメッセージやアドバイス

親に負担がかかりすぎるとやっぱり疲れてしまい、子供にも向き合えなくなってくるので、無理をせず今できる方法で、精一杯やっていくことが大事だと思います。
6

妊娠3歳前後の体験談

病気と症状の人気体験談ランキング

上へもどる