カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノート >
  2. 妊娠・出産 >
  3. 妊活 >
  4. 妊娠に向けて妊娠前にやっていたこと
妊活

妊娠に向けて妊娠前にやっていたこと [妊娠・出産の体験談]

689人に読まれました
2015-10-09 13:32
■本当に授かるか心配だった
仕事や色々な理由で「そろそろだね!」となったのが私が29歳、彼が31歳のころ。
女性誌などにも妊活ネタはよくとりあげられているけど、妊娠にベストのタイミングは20代前半でそこをピークにどんどん下り坂に…
という話を知ってから「早くしなきゃっ」と思ってはいたけど、人生思うようにはいかずやっと迎えられる準備ができたときはそんな年齢でした。
まだ若い方かもしれないけど、同年代でなかなか妊娠にいたらない夫婦もいるので自分たちが本当に授かるのか心配で半年頑張って出来なかったら不妊治療しようと決めていました。

■とりあえず、葉酸!
妊娠前から気を遣っていたいたのは葉酸。そろそろ!と思う3か月くらい前からサプリでも摂取するようになりました。
葉酸を摂取することで神経管の先天性異常の発症リスクを低下させることができることが近年になって分かったらしいです。
あとは妊娠初期のころは食べた栄養が子供にそのままいくわけではなく、それまで蓄えられていた栄養で育つらしいので葉酸サプリをとりはじめたころから食事は栄養バランスよく野菜を多く摂取するようにし、添加物の多い食事は控えるようにしました。

■風疹予防
妊婦が風疹にかかると赤ちゃんに障害が出てしまう可能性があるらしいです。
なので、「そろそろだね!」の3か月前くらいに近所の内科を予約して(予約しないとワクチンを入手しない病院でした)風疹・麻疹ワクチン(MRワクチン)
を打ちました。このワクチンを打ってから2か月は避妊しなければなりません。

■性行為で体調不良
準備万端だよ!となって初めて避妊具なしでしました。
2回目くらいから、性行為のあと私の体調が悪くなることに気づきました。
具体的には「吐きそう」「気持ち悪い」「胸がムカムカする」というもの。実際に吐いたりはしていません。
旦那のことは大好きで、性行為に苦手意識もありません。軽度ですが、アレルギーもちなのでもしかしてアレルギー反応か?と思いました。
体調が悪くなるのが辛くて、できるだけトライの回数を減らそうと思い人生で初めて排卵日検査薬なるものを買いました。
今までだいたいこのくらいだろ!と思ってトライしていたので検討違いの日に性行為をする必要がなくなり体がらくにそして気軽にできるようになりました。
検査薬を使ってみて分かったことは私の場合、陽性反応がしっかりでるのは2~3日くらい。それまではズレた日にも頑張っていました。ピンポイントでその2~3日を見分けることができたので、本当に助かりました。

みんなへメッセージやアドバイス

■やっておいて良かった
サプリ・風疹予防・排卵日検査薬は本当にやっておいて良かったです。
同僚に同時期に妊娠した子がいましたが、その子は葉酸についても風疹予防についても知識がなく妊娠してから慌てて気を遣いはじめました。
風疹予防は妊娠前にしか打てないので、時すでに遅しです。安心して赤ちゃんを迎えるには妊娠前からの準備が大切だなぁやっておいて良かったと改めて思いました。
2

上へもどる