カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノート >
  2. 育児 >
  3. ケガ・応急処置 >
  4. 我が家の事故防止策。
ケガ・応急処置

[1歳0ヶ月]我が家の事故防止策。 [育児の体験談]

397人に読まれました
2015-10-09 14:55
誤飲、転落、感電など子供の事故はとにかく多いです。
次女も何でも口に入れてしまいます。長女の時もブロックを誤飲し応急処置の逆さにして背中を叩くというのをしました。
目を離している時に誤飲してしまうので本当に目が離せなくなってきます。
細かい物はしまっていても、ティッシュを口に入れてみたりと毎日試行錯誤しないといけません。
転落も網戸にしていれば突き破る勢いですし、コンセントがあれば指を入れそうになる。長女の鉛筆を持ち出し口に入れながら歩くなど日々危険だらけです。
コンセントは100円ショップでも打っているコンセントカバーを使用してガードしています。網戸には出来ません。しっかり窓を閉めて鍵も閉めます。
小物やティッシュ、口に入れたら危ないものは箱に入れて押入れに入れてます。
事故を防げるのは親、家族しかいないので小さな命を守らなければなりません。
日常で使うリモコンなどが大好きな次女。代わりになるおもちゃがあっても本物にしか興味がありません。
とにかく目に見えない、届かない場所を決め徹底しないと事故はおきてしまいます。
子供は知恵がついてくるのでここにこれがあるというのが分かってきます。
保健師さんから「日本の子供の1番の死亡理由は事故」と話されました。
とにかく食事を作るときや少し目を離さなければいけない状況の時はおんぶをしています。
寝ている赤ちゃんの時とは違い、自分の意思で自分の行きたいところに行ける今、危機感もない時期なので特に気をつけたいです。

みんなへメッセージやアドバイス

ニュースを見ていても転落など悲しい事故もあります。
まさかという事を子供はするんです。
少しでも危険と感じた事は予防策をしていれば間違いはありません。
1

上へもどる