カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノート >
  2. 妊娠・出産 >
  3. 妊娠中の生活 >
  4. 妊娠中、パパがやってくれて助かったこと&うれしかったこと
妊娠中の生活

[31w]妊娠中、パパがやってくれて助かったこと&うれしかったこと [妊娠・出産の体験談]

24943人に読まれました
2016-03-08 18:13
妊娠中、体調が悪かったりお腹が出てきて家事が思い通りにできないことがありました。そんなときパパがやってくれてうれしかった家事を紹介します。
  • 毎日のゴミ出し

    妊娠中お腹がでてきてから、ゴミ箱からいっぱいになったゴミを取り出すのが大変でした。また、うちはゴミ捨て場まで距離があったので出勤前にパパが毎回持っていってくれて助かりました。
  • 浴室の掃除

    前かがみの動作は負担が大きいのと、お風呂場は滑りやすくて危険です。妊娠してから浴室の掃除はパパに任せています!狭い場所でカビ取り剤など強い洗剤を使うのも心配でやってくれて助かりました。
  • 買い物の荷物係

    スーパーでの食品の買い物は意外と重いものが多いですよね。腰痛が酷くなった期間やお腹が大きくなってからは、もっぱらパパは荷物係です(笑)
    日頃の食事用の買い物はパパの休みの日にまとめ買いするようにしています。一緒に買い物しながら今週何食べたい〜?と聞いて、一緒に考えることで毎日の献立にも悩む苦労が減って一石二鳥でした!
  • 料理を作ってくれる

    つわりが酷くなった期間は、お米の炊ける匂いを嗅ぐだけで気持ち悪くなりました。そのため、キッチンに立って料理が作れないことが何回もありました。
    そんなとき、パパが無理しなくていいよ、俺が作るからと言ってくれてどれだけ助けられたことか、、、
    そんな日のパパが作ってくれたメニューは、そうめんや冷やし中華でした!夏につわりがあったので食べやすくてよかったです。

みんなへメッセージやアドバイス

妊娠中、体調が悪いときやお腹が出てきたら無理をせず出来ないことはパパにお願いしましょう。
ただ、パパもお仕事で大変なのでやってもらって当たり前というのはやめて、感謝の気持ちを言葉で伝えるのが仲良しで、さらにお手伝いしてもらうポイントです。
4

妊娠31w前後の体験談

上へもどる