カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノート >
  2. 育児 >
  3. 授乳 >
  4. サヨナラ母乳育児。決意した理由
授乳

[0歳1ヶ月]サヨナラ母乳育児。決意した理由 [育児の体験談]

1397人に読まれました
2015-10-12 08:00

産後、母乳とミルクの混合で育ててきましたが、すぐに乳首が切れ、その痛みを庇うのに乳腺炎になり緑色の母乳が出て断乳し、歯痛がひどくて断乳し、言葉のストレスで母乳の量はどんどんと減っていきました。

乳首が切れたこと、乳腺炎や言葉のストレスについては別記事ですでに体験談を載せています。

そのほかにも、初めての育児で右も左もわからないまま、話の通じない・理解してあげられないことで泣いてる理由がわからない息子にイライラしてしまっていてストレスがたまりまくりでした。

どんどん母乳がでなくなっていたので、いつも足しているミルクでは足りずに1時間おきで泣き始める息子。

いろいろ機嫌悪い原因を探ってみてもわからなくて、おっぱいをくわえさせても乳首が短い私のおっぱいは吸いづらくて赤ちゃん顔を真っ赤にして大泣き。

私もくわえて!なんでよ!飲んでよ!とイライラ。

仕方なくミルクを持ってくると飲んでスヤスヤ。
そんな日を毎日過ごしていて旦那に相談すると、

元々母乳にそんなにこだわってなかったじゃん?
だからそんなに頑張りすぎなくてもいいんじゃない?
ミルクでもきちんと育つでしょ?
そんなにイライラばっかりしてたら疲れちゃうでしょ?
赤ちゃんもまま怖いって思っちゃうよ?

と。
私はいろいろ抱えていたものがすっと降りたようにボロボロ泣いていました。

声をあげて泣いたのはいつぶりでしょう。
泣きすぎて過呼吸にもなりました。
それだけいろいろと自分の中にたまっていたんだと思います。

旦那の言葉で決意ができたのです。

みんなへメッセージやアドバイス


きっかけはいろいろあると思いますが、私は旦那の言葉で決意することができました。

1

上へもどる