カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノート >
  2. 育児 >
  3. 授乳 >
  4. 初めての授乳☆保護器の使用で体も心も改善
授乳

初めての授乳☆保護器の使用で体も心も改善 [育児の体験談]

3053人に読まれました
2016-03-25 18:43
授乳の痛みが衝撃だった日。
そこでまたまた看護師さんが持ってきてくれたのは、保護器です。
  • 授乳の保護器の効果

    哺乳瓶の先のようなもので乳首の上に被せて使うのですが、看護師さんが私の授乳の様子を見ていて”乳首が小さくて短いから吸いにくいのかも"と思ったようです。

    試しに使ってみるとこれがまた使いやすくて!赤ちゃんも吸いやすいみたいでよく吸ってくれました。
    ありがたいことに、保護器を付けていると吸われる痛みもほとんどなくなって、付けていない時とは雲泥の差でした。

    そして直接乳首を吸わなくてもホルモンは出たみたいで、母乳も徐々に出るようになりました。
  • 授乳がうまくいかないのは当たり前

    初めは授乳がうまくいかなくて落ち込んだり、母乳が出るのかと不安に思ったりもしました。

    でも看護師さんに「初めてのことやから焦らなくていいよ♪ゆっくりゆっくりでいいからね」と。「お母さんも初めてだけど赤ちゃんも吸うの初めてで練習中やから、うまく吸えなくても気にしなくていいよ!徐々にうまくなって出来るようになるよ!」と。

    上手く吸えないのは私の仕方が悪いのかと、どうしたらいいんだろうともやもやしていましたが”赤ちゃんも初めて”と言われ、赤ちゃんは自然と上手に吸えるものだと思っていたので目からうろこでした。

    それを言われてから本当に気持ちが楽になって、明るい気持ちで授乳の時間を過ごすことができ”一緒に頑張ろうね”と赤ちゃんに向き合えることができました。
    看護師さんには感謝感謝です。

みんなへメッセージやアドバイス

授乳の痛みも徐々に慣れてきます!赤ちゃんとの二人きりの時間を大切に過ごしてください☆
2

上へもどる