カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノート >
  2. 妊娠・出産 >
  3. つわり(悪阻) >
  4. 妊娠中の食事や匂いの好みの変化。
つわり(悪阻)

[20w]妊娠中の食事や匂いの好みの変化。 [妊娠・出産の体験談]

1490人に読まれました
2015-10-12 12:59
悪阻が落ち着いたのが妊娠6ヶ月を過ぎた頃でした。食事を摂る事ができるようになってから嗜好が変わったと感じました。
妊娠してからマクドナルドのポテトが無性に食べたくなる、ケンタッキーのファミリーパックを1人パックしたなどの話は聞いてました。
私の場合は魚介でした。もちろん、長女の時も魚介好きになりましたが今回は異例でした。
まず、光物等は通常全く食べず嫌いでした。食べてみようかなという考えすら出てきませんでしたが、妊娠してから食べてみようかなという気持ちになり食べてました。
勿論、産後は嫌で食べてはいませんが妊娠中は嗜好が変わってました。
暑い夏、氷をガリガリ食べたり(若干の貧血はありましたが、初めて氷のみを食べてました)私自身好き嫌いがある方なのですが、妊娠中は全くなくなんでも食べていました。
もう一つ、匂いにもこだわりがありました。
ハイターのあの香りです。大好きでした。お風呂や台所、トイレなどハイターの匂いがするだけで落ち着いていましたし、気分が晴れやかになるそうアロマのような効果がありました。
ちょっとでも気に食わない臭いがするとハイターの匂いが嗅ぎたくて嗅ぎたくてたまりませんでした。
通常はそこまでではありませんが、ハイターの匂いは嫌いじゃない匂い程度がそこまで好むようになるとは思いませんでした。
食事の話に戻りますが、長女の時も魚介が好きだったのですが今11歳で魚介類が大好きです。もしかしたら次女も同じなのかなと思ったりしています。

みんなへメッセージやアドバイス

悪阻は産むまで酷くて産んだら嘘のようにすっきりしたと友人が話していました。
そういう人もいる中で、食事が摂れたというのは幸せな事なんだなと改めて思いました。
食事の好みは体が不足している栄養素を取り入れる為に求めると聞いたことがあります。
土を好んだりと異色に発展する方もいるようです。
妊娠中は不思議な事を沢山体験できるなと改めて感じてます。
0

妊娠20w前後の体験談

上へもどる