カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノート >
  2. 育児 >
  3. 病気と症状 >
  4. RSウイルスによる急性肺炎で入院②
病気と症状

[1歳9ヶ月]RSウイルスによる急性肺炎で入院② [育児の体験談]

454人に読まれました
2015-10-13 12:03
♯8000では、今の状態を伝えると、まず意識ははっきりしているかということの確認をされ、意識があってもぜーぜーという喘鳴が続いて、眠れない状態が続くようなら、すぐ救急車で病院へ行くようにとのことでした。眠れているようなら、翌朝の状態をみて、かかりつけ医にかかるようにと指示してもらいました。

【翌朝小児科へ】
幸い、長男は喘鳴はしばらく続きましたが、だんだんと喘鳴が少なくなり、しばらくすると眠れていたので、翌朝かかりつけの小児科へ行きました。
小児科でも今までの経緯を話して、朝ごはんはまずまず食べることができていて、割と元気になっていたのでもう少し様子をみましょうということになりました。
そして、病名は、今の状態では何とも言えないとのことでした。
そして、子どもが何か食べている時には、びっくりさせるようなことはしない、また歩きながら何かものを食べていたらやめさせるようにと厳しく指導されました。
改めて親としての自分を責めました。そして、もしかしたら、異物が入っていたらどうなるんだろうと心配で心配で夜も眠れない日が続きました。

【ご飯を食べない…!!】
そのまま様子をみるということで、毎日小児科に吸入には行き、数日自宅でみていましたが、高熱、風邪症状が出て、次第にご飯を食べなくなったのです。ゼリーや果物をやっと一口二口食べる程度です。
小児科の先生はさすがにこれではこのまま自宅で見ることは難しいということで、入院することになりました。
入院先でも、今までの経緯を話して、肺のレントゲンもとってもらいました。診察の結果、RSウイルスによる急性肺炎ということでした。
気管支に異物が入っているのではという不安はなくなったので、少しほっとしました。
(続きは次に書きます)

みんなへメッセージやアドバイス

今回症状の原因は、異物のためではなかったのですが、私は今後子どもが食べ物で遊んでいても、びっくりさせるようなしかり方はしないと夫婦で話し合いました。
かわいい子どもにつらい思いをさせないために、今後は気を付けようと思います!!
皆さんはそんなことされないかもしれませんが、気を付けられてください。
1

病気と症状の人気体験談ランキング

上へもどる