カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノート >
  2. 育児 >
  3. 病気と症状 >
  4. RSウイルスによる急性肺炎で入院③
病気と症状

[1歳9ヶ月]RSウイルスによる急性肺炎で入院③ [育児の体験談]

535人に読まれました
2015-10-13 12:44
入院先では、子どもだけが入院するものと思っていたのですが、親の付き添いが必要ということで、私が付き添うことになりました。急きょ職場に連絡して休みをもらいました。
確かに子供は親がいないとなると不安ですよね。

【入院生活は大変】
そして、入院中は1日8回の吸入・吸引がありました。そして、抗生剤と食事を摂れていないため栄養剤の24時間の持続点滴。
点滴の針を刺しているところは手の甲でしたが、子どもは分からず、自分で抜いてしまう可能性があるので、その部分をテープでぐるぐる巻きにされていました。
吸入は親がすることになっており、うちの子供は好きだったのでよかったのですが、吸引がとても嫌いでいつも大暴れでした。その時は私が子供の上にまたがって頭を動かないように持って、吸引してもらっていました。RSウイルスにかかると、鼻水が結構ズルズルと多く出るようです。
そして、なかなか高熱が下がらず、しばらくその状態が続きましたが、次第に熱が下がり始めてご飯も少しずつ食べることができるようになってきて、元気にもなってきました。

ところが、元気になってきたら、それはそれで、また大変でした。点滴をずっとしているので、ベッド上安静なのですが、ベッドの上をグルグルうろうろ歩き回ります。しょっちゅう点滴が自分の体にぐるぐる巻きになって、私がそれを外していました(^^;
そして、夜寝ない!!元気になると、昼間ベッドの上でじっとして遊ぶだけなので、夜寝ません。4人部屋なので、夜ワーワーキャーキャー言うと、周りに非常に気を遣います。でも、同じ年頃の子供さんだったので、お互いさまのところはあったのですが、うちの子が寝ないとほかの同室の子も起きたりしてなかなか大変でした。
昼間はベッドから降りることができないので、二人でする遊びにも困りました。おもちゃを色々持ってきてはいましたが、すぐ飽きます。一番重宝したのは色々な物がのった絵本でした。これはバナナとか、どんぐりとか言いながら、歌もうたったりして過ごしました。

そして、長男は元気になり、長かった入院生活は5日で終わりました。

みんなへメッセージやアドバイス

子どもの入院はなかなか大変でしたが、無事元気になって一安心です。
その後は風邪をひかせないように、よりいっそう注意するようにしています。
1

病気と症状の人気体験談ランキング

上へもどる