カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノート >
  2. 妊娠・出産 >
  3. 出産 >
  4. 初産、約19時間に及ぶ出産の記録
出産

[39w]初産、約19時間に及ぶ出産の記録 [妊娠・出産の体験談]

4896人に読まれました
2016-06-28 16:53
現在2歳になる息子の出産は、初産で19時間という大変な難産でした。

出産予定日の4日前の深夜2時。
突然、下腹部にズキーンと痛みが走りました。
生理痛のような痛みで、この瞬間に目が覚めました。
また眠りにつこうとすると、ズキーンと痛むのです。
もしやこれは陣痛?と思い、スマホの陣痛アプリを起動して記録を始めました。
病院からは、痛みが10分おきになったら連絡を下さい。と言われていて、
初回の計測で既に間隔が7分!
えー!もう!?
次の間隔が11分。あれれ?その次は、間隔14分。あれれれ?
全然痛みの間隔が一定にならず、とりあえず1時間くらい計測を続けました。
そのうちトイレへ行きたくなり、ショーツを見るとおしるしが出ている!
もうこりゃ電話だ!ということで、電話をして病院へ向かいました。
~朝5時ごろ~
まだ破水はしておらず、とりあえず分娩台横の陣痛室へ入りました。
ここからが長かった。

断続的な痛みはあるものの、陣痛間隔が安定せず子宮口もなかなか開かない。
看護師さんや助産師さんも「まだだね~」と。
陣痛室にて、朝ごはん完食。旦那や友達へのラインに対して、タイムリーに返信。

~昼12時ごろ~
昼ごはん、ほぼ完食。子宮口がまだ5センチも開かない。ラインも返信。
さすがに痛みは強くなってきて、痛い間はテニスボールで肛門を押してもらうと
なぜかお腹の痛みに耐えられた。

~夕方4時ごろ~
徐々に陣痛の間隔が狭くなるが、たまに遠のく。
子宮口はやっと5センチ過ぎた?
陣痛の合間はまだ笑顔で会話が出来る。

~夜9時ごろ~
まだ陣痛室にいる(笑)
そして子宮口は8センチくらい?
10センチ開かないと、分娩台には乗れないらしく全然届かない。
晩ご飯は、痛みに耐えられずほとんど食べられなかった。
痛みが来ている最中に何度も先生や助産師さんに、指で内診をされるのが
猛烈に痛かった!!
その指での内診中に、破水をしてしまう。
すごく暖かかった。あ、もらしちゃった!っていう感覚があった。

~夜11時ころ~
子宮口9センチになり、ようやく分娩台へ。
そこで旦那さん到着。
あと1センチ足りないけど、「指でこじ開ける」と遠くから聞こえた。
えー!なんじゃそりゃ!
分娩台で何度いきんでもなかなか出てこない。
胎児が旋回異常をしていて、通常回る方向とは逆に回ろうとしていたよう。
会陰切開を施される。
パチン!と音がしたが、陣痛の痛みに比べたらチクッと針を刺しただけな感覚。
最終的には、胎児の頭を吸引しながら助産師さんに下腹部をギューッと
押さえつけられて、なんとか産まれました!
夜11:51出産。

長かったー!!!
いきみ方が全くわからず、両足全体にも力を入れ続けたせいで
産後2日くらいは歩行不可能。
産後すぐにカンガルーケアを10分程やって、そのまま2時間待機。
着替え終わると、なんかクラクラする。
あれ?動けない、意識ちょっと遠い?
過喚起症候群で目を閉じて動けなくなり、名前を叫ばれ続ける。
酸素マスク、脚の付け根からの採血。
いろいろされたのは分かっているけど、話せない動けない。
時間が経って、ようやく元に戻ったのでありました。
もー大変で、疲労困憊な出産でした。

みんなへメッセージやアドバイス

私の場合は、相当出産に向いてなかったのか??
子宮口が全然開かなかったことが、もどかしい出産でした。
お産も本当に人それぞれ。
パパが到着するまで、息子は待ってたのかなーと思うことにします!
肛門にテニスボールを押し付ける、というのは効果的でしたが
産後5日ほどは、肛門がヒリヒリして普通に座れませんでした。
会陰の縫合は、溶ける糸で縫っていただいたので抜糸の必要はありませんでした。
陣痛の後半はとても耐え難い痛みで、次回もしまた出産をするのであれば
無痛分娩を主治医の先生に薦められました。

出産は、痛いし辛いし大変!
と思って挑んだほうが、「あれ?こんなもんなんだ!」と思えてしまったり
するので、安産経験よりも難産経験をたくさん聞いていたほうが
心理的によいかもしれません♪
0

妊娠39w前後の体験談

上へもどる