カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノート >
  2. 妊娠・出産 >
  3. パパの準備 >
  4. 名づけがこんなに難しいとは
パパの準備

[16w]名づけがこんなに難しいとは [妊娠・出産の体験談]

1058人に読まれました
2015-05-28 10:40
名前をつけるというのがこんなに大変なものだとは知りませんでした。悩んで悩んで、やっと決まりました。
  • 子どもの名前はとても重要

    私たちが子どもの名前を考え始めたのは、安定期に入ってからでした。性別が分かってから本格的に名前を考えようと思っていました。実は、もともと女の子希望だったため、女の子の名前しか考えていませんでした。それが男の子だったため、本当に間違いがないのかはっきりしてから名前を考えようとしていました。

    そして、妊娠中期の中ごろ、きちんと男の子と判明しました。
    そこで、考え始めることにしました。毎晩、旦那さんと考えていました。ネットで名前の画数がいいかどうかわかるサイトを見ながら考えました。本も買って×か○かなどを調べ始めました。

    二人とも、「りくと」という名前をつけたいという意見が一致しました。でも、びっくりすることに全く画数が良くなかったのです。漢字は沢山ありますが、どの漢字にしても合わないのです。ひらがなも試して、無理かなと思いましたが、、カタカナも試しました。それでも、ダメでした。

    そこで諦めるしかないと決めたのですが、そこからまったく名前が浮かんできませんでした。友達の子供も多く、かぶるのもいやと思うと、本当に名前は難しかったです。

    何日かすると、旦那さんから「龍」という字を使いたいと言われました。そこで龍という字を使った名前を考えはじめました。画数が多いので、子供が大変かなと思ったのですが、龍聖にしました。

    龍のようにのぼるように、聖人君子のように立派に育ってほしいと願いました。やっと名前が決まったのは、妊娠後期の終わりころでした。産まれてから思うと、本当に龍聖にしてよかったです。

    顔を見てもりくとではないなと思います。名前は子供の一生持つべきものです。そんな名づけが出来て良かったです。

みんなへメッセージやアドバイス

名前を決めるのは一大事です。その子の一生がかかっているのです。だからこそ、一生懸命考えてよかったなとおもいます。
1

妊娠16w前後の体験談

上へもどる