カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノート >
  2. 育児 >
  3. おでかけ >
  4. 飛行機国内旅行 ~機内の中で便利だったもの~
おでかけ

[1歳2ヶ月]飛行機国内旅行 ~機内の中で便利だったもの~ [育児の体験談]

172人に読まれました
2015-10-13 19:41
3歳と1歳のこどもを連れて飛行機での国内旅行。
今回は1時間半の短い時間でしたが、狭い機内でやはりこどもはすぐに飽きてしまいます。昼寝をしてくれればよいのですが、今回は往復とも離陸と同時に起きてしまい一番元気な時間を機内で過ごすはめになりました。特に歩き始めの1歳児は自分の行きたいところへ動き回ろうとするので座席に座らせるのが大変でした。

最初の20分程は離陸で耳抜きのために飴を食べたりお菓子を食べたりと静かに過ごすことができます。問題はそのあとの時間。
3歳の子供用には事前にダウンロードした子供向け番組や好きな映画、子供が遊べるアプリを入れたipadと付録つきの雑誌を用意。1歳の子供にはシールブックを用意しました。

一番長く遊べるのはシールあり、塗り絵あり、迷路のようなちょっとした頭を使うコーナーのある付録つきの本であろうと思いペンを渡したのですが、3歳児が一番集中していたのは往復とも機内の座席に用意してある機内販売の雑誌。商品カタログやら日本地図やら観光地のキャラクター、動物が載っていて楽しかった様子。

1歳の子も自分のシールブックには目もくれず自分で食べたラムネの入れ物にはまって振ったり開けたりして遊んでいました。

結局用意した意味がないような・・・。こどもの興味はどこにあるかわからりません。

機内に持ち込んで一番よかったものがジップロックの袋。機内で気圧が変わるためストローマグの中身が飛び出していましたが袋の中に漏れるだけで済みました。またちょっとしたゴミ箱替わりになったり1歳の子のおもちゃ代わりになったりと重宝しました。

みんなへメッセージやアドバイス

子どもはおもちゃじゃないもののほうが興味を持ち始めるとと長い気がします・・。
0

上へもどる