カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノート >
  2. 育児 >
  3. 授乳 >
  4. 母乳かミルクか
授乳

[0歳5ヶ月]母乳かミルクか [育児の体験談]

503人に読まれました
2015-10-13 23:53
娘5ヶ月、今私はこの子をほぼ母乳で育てています。

でもここまで来れるには、これまで長い長い道のりがありました。

  • おっぱいを断固拒否!?

    出産するまで、特に母乳育児についてこだわりがあったわけでもなく、
    ただ出産すれば自然に母乳が出て、
    赤ちゃんも普通におっぱいを吸うだろうと軽く考えていた私。

    ところが現実はそんなに甘くはなかった・・・

    まず私の母乳が出ない。
    女の人が赤ちゃんを産めばすぐにおっぱいって出てくるものではなく、
    赤ちゃんにおっぱいを吸ってもらうことが刺激として脳に伝わり、
    そして初めて体で母乳が作られます。
    だから何はともあれ赤ちゃんが吸わないことには始まりません。


    が、しかし、娘はなかなか上手におっぱいを吸ってはくれず。
    私が出産した産院では入院中、母乳がうまく出ないママの赤ちゃんには
    哺乳瓶でミルクを飲ませる、という方針だったのですが、
    そのせいか娘はすっかり哺乳瓶大好きっ子に。

    赤ちゃんにとっておっぱいを吸って母乳を飲むということは、
    口だけじゃなく顎の筋肉も使ったりで、なかなか体力のかかる重労働だそう。
    それに引き換え哺乳瓶は、口を少し動かせば楽にミルクが出てくるらしく、
    赤ちゃんも結構賢いので、しんどい思いをするおっぱいよりも、
    哺乳瓶のミルクを好んでしまうことがあるらしいのです。

    うちの娘はまさしくその状態になっていたのでした。
  • でも諦められない!

    おっぱいを拒否され、哺乳瓶なら満足そうに飲む我が子を見るのは
    悲しいやら切ないやら、イライラやらで、産後まもなくはこのせいで
    正直マタニティーブルーにもなりました。

    いちいち起こしておっぱいで娘との格闘を繰り返すのも だんだんと疲れてきて、
    最初の2ヶ月ほどはほとんど完全ミルクで育てていました。

    でも毎回毎回拒否され続けても、やっぱりどうしても諦めきれず
    地域の助産師さんに相談したり、なんとか娘の機嫌の良い時に吸わせたり、
    あと哺乳瓶も出の悪いものにして娘の哺乳瓶好きを改善したりして、
    ようやく生後2ヶ月を過ぎる頃には、時々はおっぱいに吸い付いてくれるようになりました。

    そしてだんだんと娘も毎回安定しておっぱいに吸い付いてくれるようになり、
    それに比例してにじむ程度だった母乳の分泌もどんどんアップしてきたのでした。
  • どちらでもママがハッピーが一番

    たまたま私はなぜか母乳にこだわってしまいましたが、
    最近の母乳神話のように「母乳じゃなきゃ母親失格」とかまで思ってるわけではもちろんありません。
    母乳でもミルクでもお母さんが愛情持って子どもに与えていれば
    どちらが勝ってるわけでも負けているわけでもないと思うし、
    100人お母さんがいれば、100とおりの子育ての仕方があるわけで、
    要はママと赤ちゃんが両方幸せで笑っていられればそれが正解なんだろうなと思います。

    私はたまたまおっぱいをあげてみたいと思ったけど、そうじゃなくてミルクにしようと思うのももちろん間違いではないと思います。

みんなへメッセージやアドバイス

母乳育児に奮闘する私をたびたび救ってくれたのは、一番そばで見ていた旦那の言葉の数々でした。

「母乳であろうがミルクであろうが、〇〇(私)がその手で授乳していることには変わりない。
母乳の代わりはミルクがあるけど、母親の代わりはいないんやで」
って言ってくれたり、
「母乳だから良いとか、ミルクだからダメとかそんなことない。
第一、勝ち負けで育児してるわけじゃないやろう?」
って言ってくれたり。

本当にそうだと思います。

子育てに正解も不正解もありません。
だからママと子どもがハッピーなのが一番!

あなたらしい、あなただけの育児を、時々悩み苦しみながら、でも楽しんで頑張ってください!
0

上へもどる