カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノート >
  2. 妊娠・出産 >
  3. パパの準備 >
  4. 無関心だったパパが変貌した!
パパの準備

[38w]無関心だったパパが変貌した! [妊娠・出産の体験談]

509人に読まれました
2015-10-14 23:00
妊娠を報告した時は、やったね〜と言って2人で大喜びでした。

その後お腹が大きくなるにつれて、妊娠しながらの仕事と家事が大変だったせいか、私もイライラしがちでした。

妊娠後期には切迫早産と診断されたため、検診のたびに主人に報告し、主人も気遣ってくれてはいましたが、お腹を触ってくれたり、話しかけてくれたりすることは一切無く、出産予定日間近になっても、飲みに行って連絡も取れないことがあり、私にとってはそれが不満でなりませんでした。

産院で見たビデオでは、妊娠中からパパがお腹に向かって話しかけており、妊婦さんも幸せそうな表情だったのに…
今が一番幸せなはずなのに…と。

出産に立ち会いたいかどうか聞いた時も、「どっちでもいい」との返答でしたが、先輩ママさんからの勧めで立ち会ってもらうことに決めました。

そして、出産当日。
主人は前日接待で夜中に帰って来てほとんど寝ていませんでしたが、早朝に陣痛がピークに達し、主人を起こしました。

すると飛び起きて産院まで送ってくれました。

陣痛で苦しむ私にも、不器用ながらお尻を押してくれたり、お茶を飲ましてくれたり、とにかく必死でサポートしてくれました。

そして、娘が産まれてからずーーーっと自分が抱っこ♡
助産師さんがお父さん重たいでしょうからベッドに寝かせてもいいですよ!と言われてもずーーーっと抱っこ♡

可愛くて可愛くてしょうがない様子でした。

今でも娘を溺愛しています(;^_^A

みんなへメッセージやアドバイス

男の人はこれからパパになるという自覚を持つのが本当に難しいんだなと実感しました。
でも産まれたら変貌しますよ笑
0

妊娠38w前後の体験談

上へもどる