カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノート >
  2. 育児 >
  3. 離乳食 >
  4. 離乳食☆中期、後期となってどんどん食べなくなった
離乳食

[1歳1ヶ月]離乳食☆中期、後期となってどんどん食べなくなった [育児の体験談]

883人に読まれました
2015-10-23 16:47
  • うちの娘は赤ちゃんのときは離乳食から、バクバクと野菜でも何でも気持ち良いほど食べてくれる子でした。
    女の子って男の子より食に興味があるイメージがあって、それでなのかなぁと勝手に思っていました。なので大人用の味噌汁の具を、娘用に別で茹でて、それをあげていればよかったので、とっても楽でした。
    でも、お兄ちゃんの赤ちゃんのときは、初期の離乳食の頃は食べてくれてたものの、月齢があがって離乳食も中期、後期、となっていくにつれてどんどん食べなくなりました。
    あれこれ色んなメニューを試してみたり、凄く手間ひまかけて作っても全く食べてくれないなんてことばかり。
    こんなに食べなくて体も細いし、どうしようと心配していたのですが、ご飯は食べないけどお菓子やジュースは食べるし欲しがって癇癪を起こすので、それも凄く嫌でストレスでした。
    もちろん、ご飯を食べていないときはお菓子もジュースもほとんどあげていなかったと思います。

    頑張って作っても食べないので、食べるものだけを与える日々が続きました。
    ご飯とトマトだけとか、あとは私の好きなご飯をつくって、それを見せ付けて、食べたそうにしたらあげてみるとか、少し試させてみたりとか、割り切ってそういうスタイルにしたら、意外と向こうから食べてみたりしてくれて、かなり気持ち的に楽になりました。

    こんなに食べなくてどうしようと思っていたのですが、今6歳になる息子は出されたご飯は絶対に苦手なもの以外は頑張って全部食べるし、全然食べなかった野菜もバクバク食べてくれています。
    あの昔の悩みは何だったんだ?というくらい、別人です。

    その代わり、赤ちゃんのときなんでも食べていた娘が、全然食べてくれなくなりました。
    何をどうしても食べない。でもこっちもだからと言ってあれこれ世話を焼くのもどうせ食べなかったらストレスなので、じゃあおしまいね、とさっと片付けようとすると、「食べる~!」といって、結局食べたりします。
    どうやら食事に集中できないタイプのようです。
    今はまだ、このやり取りの繰り返しで、片付けると言ったら食べるときもあれば、「いいよ~」なんて言って来るときもあります。
    その時は本当に片付けますが。
    あまりストレスにならないように、楽しくご飯の時間をすごせるように心がけています。

みんなへメッセージやアドバイス

子供によって色んなタイプがありますから一概にこの方法なら食べるとか断言できないし、いずれ食べるよなんて言われても、実際今食べてない子供と生活していたら、先のわからないことに希望はなかなか持てませんよね。
お母さんがストレスを感じないように、ご飯の時間をすごすことが一番大事だと思います。
ご飯の時間が子供にとってストレスにならないように。
食べないなら、お腹がすいてないなら、下げてしまって。
お腹がすいたときにその子が食べるご飯を与えればよいと思います。
3
上へもどる