カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノート >
  2. 妊娠・出産 >
  3. お金・各種制度 >
  4. 名付け方法・画数
お金・各種制度

[38w]名付け方法・画数 [妊娠・出産の体験談]

2462人に読まれました
2015-10-15 10:48


「きらきらネーム」ってご存知ですよね。

まさか自分の子にはつけないよーと思っているそこのあなた、分かりませんよ(笑)

この子に良い名前を!!とあれやこれや考えているうちに、何がいいのか分からなくなってきます。
それくらい悩みました。

名付けの方法(パターン)は幾つかあります。

音の響き(呼びたい音)
見た目の漢字
季節
こうなってほしいイメージ(優しいとか強いとか)
名字との画数で候補をあげる
親の名前との関係(両親から1つずつとか)
兄弟、姉妹の名前との関係(花の名前でそろえたり)

大体はこんな感じでしょうか。

私には着けたい名前が決まっていました。
妊娠前から(←痛い(笑)。

しかし画数を気にして漢字を当てると、名字2文字、名前3文字で「無理やりつけた当て字」のように思えてしまい、そこから悩みがスタートしてしまいました。

男の子なので名字が変わらないためなかなかのプレッシャーです。
ノートに思いついた名前を片っ端から書き出して、読みを変えたり漢字を変えたりしながら出来るだけ画数が良いものをピックアップしていきました。

でも画数を気にすると全然ピンとくる名前がありません。
そして産まれて、赤ちゃんの顔を見てから決めたい!という思いもありました。

字面だけで考えると潔く一文字が好みだったので、
「光コウ」「爽ソウ」「海カイ」「空ソラ」などが浮かびましたが、どうしても何かが足りない…
ちなみにつけたかった名前は「ひなた」でした。
画数気にすると「陽那汰」。
なんか無理やりですよね(笑)

なので最後の最後まで迷いに迷って陽那汰を諦めて「漢字一文字の初夏の季語」にしました。
中性的な名前で、今でも少しひなたがよかったな…とも思いますが(←おい)、決断したのは主人なので、「女の子みたーい!」とからかわれたら主人のせいにしたいと思います(笑)。

みんなへメッセージやアドバイス

名前は一生もの。
画数にとらわれ過ぎないで、つけたい名前で良いと思います。最初のプレゼントですが気合い(画数)を入れすぎないで愛情(願い)を込めるべきだったな、と今では思います。
1

妊娠38w前後の体験談

上へもどる