カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノート >
  2. 妊娠・出産 >
  3. つわり(悪阻) >
  4. 私の食べづわりの乗り越え方
つわり(悪阻)

[9w]私の食べづわりの乗り越え方 [妊娠・出産の体験談]

6470人に読まれました
2015-10-15 13:51
私のつわりのタイプは一人目も二人目も食べづわりでした。
食べていないと気持ち悪いんです。
空腹がだめで、空腹になる直前にもう気持ち悪くなり、何度もそのタイミングを見誤りダウンしていました。。

そこで、いつでもどこでも小腹が満たせるようにしておく必要があり、私が選んだのはグミでした。
食べづわりでもなんでも食べれるわけではなく、その当時私が受け付けたのは辛いものとトマトと豆腐、あとは果物でした。
どれも持ち歩けないので、結果果汁グミを何種類も持ち歩いていました。
気分によってはブドウ味だったり、イチゴ味だったり。
でも圧倒的にブドウ味ばかり食べていました。

一人目の時は仕事をしていたのですが、デスクの引き出しには果汁グミがたくさん。
特にブドウは3袋くらいいつもストックしていました。
グミは噛みごたえ的にもヒットし、噛むことで気分もすっきりしました。

でも、やはり気になるのが糖分…
妊婦健診でも時々尿糖がひっかかっていたのは、まぎれもなく果汁グミの食べ過ぎ。笑

そこで、投入したのは、、、おしゃぶり昆布(梅味)。
これもまた梅の酸味と噛みごたえがヒットし、最終的にはグミよりもはまりました。

でも昆布の食べ過ぎはヨウ素の取りすぎで胎児に悪影響という話を聞いて、昆布も怖くなり、次に投入したのはドライフルーツでした。
色々食べましたが、はまったのは、マンゴーとトマト。
トマトは砂糖を使っていないタイプを探すのが大変でしたが、無糖タイプが好みでした。

お腹が空く前にこんなおやつたちを食べまくり、時には食べるタイミングを失敗して気持ち悪くなったり、辛いつわりを乗り切りました。

ご飯の時間は辛いものばかり食べていたので、グミの甘さは癒されました~~
2

妊娠9w前後の体験談

上へもどる