カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノート >
  2. 妊娠・出産 >
  3. パパの準備 >
  4. おとうさんのできる事…?
パパの準備

[6w]おとうさんのできる事…? [妊娠・出産の体験談]

1027人に読まれました
2015-10-16 10:26
妊娠した時の夫への報告。
嘘や隠し事がとっても下手な自分は、サプライズなど絶対無理と思い、即夫に報告しました。
夫が玄関を開けてすぐ、出迎えと同時に妊娠判定薬を見せました。判定薬の見方を知らない夫。説明したはずなのになぁ…。

もちろん飛び上がって喜びました。ニヤニヤしてます。「そうか~ついに俺も父親かぁ~」と、テレビドラマみたいな言葉を呟いています。
本人は浮かれモード全開なんですけどね。嫁としては嬉しさの後に、不安がやってくるんです。
そのへんを分かってない。ホントにわかってない。
放っておけばポンと産まれると思っている。
良くて産むとき痛いって知っている位。

確かに私も実際、妊娠に向けて色々関心を持ち出してようやく知った事が沢山あります。
妊娠中の体の変化なり、産むまでのお金の補助だったり、産前産後の暮らし方だったり。

なので、夫には妊娠中の体の事をちまちまちまちま報告していました。
といっても、遅くまでの仕事で疲れきっている体にネチネチ愚痴を言うのもかわいそうなので、

まずは「頑張ったね」と一日の労をねぎらう。
次に「お腹の赤ちゃんはこんなだったよ」と報告。
そして「でもこんな辛い事があるんだ」と愚痴全開!

こんないやらしい作戦でも、夫はウンウンと聞いてくれました。

でも、考えれば出産までにお父さんができる事って限られていますよね。
つわりの間の家事代行、妊娠後期のむくみケアマッサージ、臨月で起き上がれないときの補助くらい。
それ以外はお腹に耳あててパパですよーって言うくらいです。

だからこそ、お母さんの愚痴に付き合って欲しいものです。

ちなみに私の夫の場合、家事代行は初めのうちだけでした。
「口を出したらしなくなる」というので、こうしたらいいのにと言いたいのをグッと抑えていましたが、結果的に3日坊主なだけでした。
寝てる時のこむら返りも足のむくみも結局自分で対処したので、夫は本当に出てくるところ見ただけです。

もういい、愚痴は聞き流して、あとは稼いで来るだけでいいから頑張れ…と、夫の協力は諦めたのでした。

みんなへメッセージやアドバイス

中にはほんとうに甲斐甲斐しくお世話してくれる旦那さんもいらっしゃると思います。そういった方には存分に甘えてください。いいなぁー羨ましいー。
2

妊娠6w前後の体験談

上へもどる