カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノート >
  2. 妊娠・出産 >
  3. つわり(悪阻) >
  4. 吐き気と戦う毎日!これがつわりかぁ~!つわり対策の工夫
つわり(悪阻)

[8w]吐き気と戦う毎日!これがつわりかぁ~!つわり対策の工夫 [妊娠・出産の体験談]

11540人に読まれました
2016-09-05 15:12
妊娠中誰にでもやってくるつわり。
あれって本当に苦しいですよね…
食べ物を食べてしまう「食べづわり」、気持ち悪くなって戻してしまう「吐きづわり」。
どちらのつわりも苦しいですよね。
かと思えばつわりがまったくない、なんて人も。どうやらつわりのひどさは個人によってばらばらのようですね。

わたしの母は2回の出産ともにつわりが全くなかったと言います。
ですのでてっきりわたしも「つわりないんだろうなぁ~」なんて安易に考えていたら、見事につわりがひどいほうでした…

現在もつわりと戦う毎日ですが、少しでも楽になるようにあれこれ実験しながら工夫しています。
今日は私ならではのコツを皆さんにお伝えしていきますね。
個人差はあると思いますが、効果があればラッキーなので是非チャレンジしてみてください^^

  • 温かいものをとらない!

    不思議なのですが、温かいものを食べたり飲んだりするとすごく気持ちが悪くなりやすかったです。でも食べないとおなかがすく。
    そんな時には、冷たい冷奴やざるそば、アイスクリームなど、ひんやりしたものを口に入れていました。
    ですが、トマトやキュウリ、うどんなど、食べ物が持つ効果で体を冷やしてしまうものを摂るのはなるべく避けたほうがよいでしょう。
    あっさりした果物類もおなかに収まりやすかったですよ^^
  • きついと思ったらとにかく寝る!

    妊娠中に無理は禁物です。というのも、わたしは何か無理をしようとすると、子宮が痛くなったり張ったりしていましたので、「これは赤ちゃんが休めと言っているんだ」と考え、少しでもきつくなったら休むようにしていました。
  • 吐き気を抑えるツボを押す!

    手首の付け根から下に指3本分のところに、「内関」と呼ばれるツボがあります。
    これは、乗り物酔いや吐き気があるときに優しく押すと、吐き気が抑えられるそうです。
    わたしもあまりにも吐き気がひどい時は、横になってツボを押していました。

みんなへメッセージやアドバイス

いかがでしたか?
つわりはおさまればなんともないですが、その最中は本当につらいもの。
ですが「つわり=赤ちゃんがおなかの中で元気に育ってくれている証拠」と考えるとどんなに辛くても頑張れますよね。
妊娠初期からやってくるつわり…旦那さんに協力してもらいながら、自分なりに乗り越える工夫を見つけてみましょう☆
1

妊娠8w前後の体験談

上へもどる