カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノート >
  2. 育児 >
  3. ママの悩み >
  4. 実家に逃避行した生後6か月①~新幹線に飛び乗るまで~
ママの悩み

[0歳6ヶ月]実家に逃避行した生後6か月①~新幹線に飛び乗るまで~ [育児の体験談]

570人に読まれました
2015-10-17 22:56
最近、「専業主婦の子育ては孤独である」といった内容の記事に触れる機会があり、大いに共感するところがありました。「専業主婦」だからこそ、育児も家事もきちんとしなくてはと自分を追い詰めてしまいがちなんだそうです。

私自身、一人目出産の際に退職し、専業主婦になりました。
自分で選んだことではありましたが、そのころは近所に友達も少ないし、夫の帰りも遅く、確かに孤独・・・。
ちょうど、子供が離乳食を食べてくれず、どうしていいかわからずにいたり、周りの友達が職場に復帰するのをまぶしい思いで聞いたりといったことが続き、育児にも専業主婦としての自分にも自信を無くし、かなり悶々としていました。
そんなときの悩みや愚痴のはけ口は、実家の母でした。
でも、電話で話していても赤ちゃんが泣いてしまうと、途中で中断したり、で、モヤモヤは晴れず。

今思えば、相当行き詰っていたのだと思います。
ある日突然「そうだ!実家に帰ろう!」と思い立って数時間後には、新幹線に飛び乗っていました。
段ボールに思いつく限りの荷物を詰め、集荷に来てもらい、最低限の荷物を持って自宅を出ていました。
新幹線に乗車する前に東京駅のベビー休憩室で、授乳とおむつ替え。
自分もそこで、軽く昼食を済ませ、新幹線乗車。
夫には、新幹線の中から、メールで報告。
こんな私の状態を見かねていたのか、夫とは「しばらく、実家でのんびりしたら?」「いや、赤ちゃん連れで新幹線とか自信ない・・・」といった会話を、繰り返していたのもあり、快く理解してくれました。

それから、母に電話。
「今から帰るから」と言ったら、ものすごく驚いていました。そりゃそうですね。

みんなへメッセージやアドバイス

実は、これが初めての新幹線乗車しての帰省です。今思うと、我ながら、無駄のない動きでした。
勢いって大事なんだな~と、つくづく思います。
0

上へもどる