カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノート >
  2. 妊娠・出産 >
  3. 恐怖(笑)実家への妊娠報告◆授かり婚
妊娠・出産

[7w]恐怖(笑)実家への妊娠報告◆授かり婚 [妊娠・出産の体験談]

10773人に読まれました
2016-09-05 15:10
最近ではあまり珍しい事でもなくなってきましたが、私たちの場合も結婚よりも子どもができてしまったのが先、という状態で、現在あたふたしながらいろいろなことへの準備をしていっています。
そのため、おなかの子どものパパになる人は現段階ではまだわたしの彼氏にあたるのです。
この状態で一番困ったのはお互いの両親への報告でした。

同じような状況に置かれた方がいらっしゃるかもしれませんので、このことも記録に残しておきたいと思います(笑)

  • 妊娠発覚→親になんて言う??

    わたしたちが妊娠に気づいてから一番悩んだのは、やはり親への報告でした。
    なぜなら、お互いお付き合いしている人がいることは親に伝えてはいたのですが、まだお互いの親に会ったこともなかったのです。

    そんな状態で子どもができました、なんて衝撃的過ぎて言えない…。
    話し合った結果、「子供がいることは伏せて、先にお互いを紹介することから始めよう」という結論に至りました。

    その後すぐ、紹介することを焦って伝えたせいか、両家とも「なんか怪しい…」とは思っていたようです(笑)
  • わたしの母と面会

    そのあとしばらくしてすぐ、近しい間柄の友人には事の発端を説明し、わたしの体に何かあった時に大変だから、やっぱり間をあけずに正直に報告したほうがいいのではないか、との意見をもらったことで、やはり紹介と同時に正直に伝えることにしました。

    この時一番驚いたのが、まだ何の報告もしていなかったのに、実家の母が赤ちゃんのおむつを替えている夢を見た、といきなり電話してきた事です。
    そのことがちょうど重なり、これはもう言えってことなんだろうなぁと改めて決意するきっかけにもなりました。

    紹介の日、彼氏はガチガチに緊張するかと思いきや、意外とにこにこしていて母のほうが拍子抜けしていたのを思い出します(笑)
    ですが、赤ちゃんのことを正直に話した時はかなり驚いていたようでしたが、孫ができたことを素直に喜んでいるようでした。

    現在は、よく電話で、体調や今の状態のことなどを心配してくれています。
    食べ物のことや睡眠のことなどいろいろと気にかけてくれているようです。
    私の実家はとても田舎なので、紅葉の時期はとってもきれいです。前回の面会は実家ではなかったので、今度は紅葉のきれいな時期に、彼氏を連れて行くことになりそうです。

みんなへメッセージやアドバイス

今回は妊娠番外編、といった形でしたが、パートナーを親に合わせるときってなんだか緊張しますよね。私の母は優しくてほんわかしているので彼氏も安心していたようですが、次の実家挨拶はさすがに緊張すると言っていました。

次回はパート2として、彼氏の実家にご挨拶に行った時の話をしたいと思います。
同じ立場にいらっしゃるプレママさん、要チェックです☆笑
1

妊娠7w前後の体験談

上へもどる