カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノート >
  2. 育児 >
  3. お風呂・スキンケア >
  4. 沐浴はドキドキの体験
お風呂・スキンケア

[0歳1ヶ月]沐浴はドキドキの体験 [育児の体験談]

488人に読まれました
2015-05-30 08:53
赤ちゃんの沐浴は落とさないか心配で仕方ありませんでした。でも、きちんと教えてもらって良い時間になりました。
  • 赤ちゃんの可愛い瞬間

    私の病院では沐浴について詳しく教えてもらえませんでした。口での説明だけで、全然分かりませんでした。
    たまたま、親戚に小児科に勤めていた親戚がいたため、退院したその日から沐浴指導に来てもらいまいした。始めは見ているだけで入れてもらって、何日かしてから実践ということで見てもらいながらやりました。それくらい沐浴するのが怖かったのです。

    気を付けることは、冬だったので一番は、冷えないこと。お風呂は寒いかもしれないので、風邪をひかないように温めたりすることでした。なのでお風呂の温度には気を使いました。

    そして、耳をふさいで左手で赤ちゃんの耳を抑えて、右手で赤ちゃんの身体を支えて、赤ちゃん用のお風呂にいれました。
    そこまでは出来たのですが、これでは洗えないのです。支えるだけでいっぱいいっぱいで洗えません。
    そこで、始めは主人と二人でやることにしました。一人が抑えて、一人が洗うという役割分担にしました。そうすると割と簡単にできました。

    それが何日か続くと、主人が一人で出来ると言い出したので、お願いすることにしました。多少赤ちゃんは浮くので、左手で支えて、右手で洗っていました。それを何度か見ているうちに私も出来るようになりました。

    まだ小さくてくねくねしている赤ちゃんなので、沐浴は毎日ドキドキでした。でも、お風呂の入っている瞬間は可愛くて仕方ありませんでした。見ているだけでキュンキュンしました。

    沐浴は始めの1か月だけだったのですが、この1か月が貴重な気がします。沐浴に入れるのは小さいときだけだし、こんな簡単にあばれないで洗えるのは今だけかもしれません。

    なので沐浴は初めは嫌でしたが、慣れると楽しいひと時でした。

みんなへメッセージやアドバイス

沐浴は育児の大切な出来事です。とても楽しい時間になるので、慣れるまで一緒に赤ちゃんと頑張っていきたいです。
1

上へもどる