カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノート >
  2. 妊娠・出産 >
  3. 妊娠中の生活 >
  4. 妊娠中の夫婦生活。妊娠中のつらい症状を理解してもらうには
妊娠中の生活

[4w]妊娠中の夫婦生活。妊娠中のつらい症状を理解してもらうには [妊娠・出産の体験談]

3869人に読まれました
2016-03-01 16:35
妊娠が分かり、夫婦共々そこまで知識が無かったので図書館で借りてきた本を二人でよみあさりました。
逆に旦那から色々と教えてもらうこともあり、新鮮で嬉しかったです。
  • 甲状腺ホルモン亢進症で辛い妊娠初期

    初期の初期は、体調がそこまで悪くない、ということもあり、とてもいい関係を築けていました。
    けれど、徐々に体調が悪くなり、出血があり、甲状腺ホルモン亢進症になり、寝たきりになると、旦那も私の急な体調の変化について行けず、家事ができなくて寝てばかりいたのが信じられない様子でした。

    特に【甲状腺ホルモン亢進症】というつわりとはまた別の症状がそこまで理解出来なかったらしく、めまい、激しい動悸などちょっと我慢すれば家事くらい出来るだろう、と思ってしまっていたようです。
  • それでも料理は作ってくれた、息抜きも

    私が寝たきりで家の中もぐちゃぐちゃ、という状況の中、ご飯もスーパーのお弁当でいいだろうと思っていましたが体に悪い、とほぼ毎日仕事の後に作ってくれました。

    それでも、寝たきりの私にイライラしてくるのが伝わってくるので大きなケンカを何度かし、甲状腺ホルモンの説明を何度もするとようやく分かってくれました。

    また寝たきりで歩き回れない私の息抜きのためにマンガを借りてきてくれたり、
    後ろの席に横になっていましたが、ドライブに連れて行ってくれたり(体にさわらないようスタバのドライブスルー、近所の公園、など近場でしたが)、
    だいぶ息抜きに付き合ってくれていました。

    結婚して4年目と比較的長い間二人だけの関係に慣れてしまっていたので、二人のあいだに新しい命が生まれるということによって、またよりよい関係に変わっていっているように感じました。

みんなへメッセージやアドバイス

もし旦那さんの無理解などに悩んでいたら、男は根拠があると納得する生き物なので本を読ませたり、産婦人科などに連れて行って先生に説明してもらう、などしてもらうと効果的だと思います。
4

妊娠4w前後の体験談

上へもどる