カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノート >
  2. 妊娠・出産 >
  3. 出産 >
  4. 痛みに強いから陣痛や出産は余裕?なんてこと全然ない!
出産

[40w]痛みに強いから陣痛や出産は余裕?なんてこと全然ない! [妊娠・出産の体験談]

7256人に読まれました
2016-03-23 14:47
痛みに強いと思っていた私。

なので出産も楽しみにしていました。どこまで自分が耐えられるのかしら!?なんて思ったりして。
  • まだ余裕がある陣痛の痛み

    さて出産予定日を過ぎ、いよいよ陣痛らしいものがやってきました。

    夜11時くらいだったので、朝まで家で耐えようと思い、時計とにらめっこしながら朝を迎えました。

    痛みは強くならないものの、7分間隔になったので病院に連絡し、入院の運びとなりました。

    午前中はそこまで痛みは強くなかったのですが、お昼を食べ終わったあたりから陣痛の度に唸りが出るように。

    でもまだまだ余裕があります。

    お腹に陣痛の感覚を測る機械?を付けられそ張りの強さ(=痛みの強さ)が数値化されてでるんですがMAXを100としたときにこの時で60くらい。

    看護師さんには「まだまだだね、子宮口も4cmくらいかな。」と言われました。
  • 陣痛の痛みで嘔吐

    旦那も仕事先から戻り、陣痛室にいてくれたのですが、朝よりも苦しむ私を見てひるんでいました。笑

    だんだんと痛みは強くなって、例の数値も99まで行くようになりましたがいかんせん子宮口が開かない!

    朝入院した時点では夕方には生まれるかな、なんて言っていたのに!!!!
    先生のうそつきー!

    なんて思いながらとにかく痛みに耐えました。

    痛すぎて途中嘔吐。

    痛みで吐くことってあるんですねぇ。

    夜になっても生まれる気配はなく、痛みだけMAXの状態が何時間も続きました。

    お昼に食べたものも吐いたし、夕飯なんて絶対食べられないしで、体力的なことも考えて「陣痛促進剤」を使用しました。

    それでもなかなか生まれないわが子。

    幸い心音はしっかりしていたので先生たちも「はいがんばってー」なんて気楽なものでした。

    痛みが一番強い状態の時に内診を行い、子宮口の状態を見るのですが、これが本当に痛い!
    叫び声が出るほど痛い!先生を殴りそうになるくらい痛い!笑
  • 会陰切開と吸引分娩

    夜の11時過ぎまで痛みと戦い、やっと子宮口が開き、分娩室に移動しました。

    「歩ける?」なんていう助産師さん。

    「無理に決まってるだろがーーー!」

    ということでベッドのまま向かいの分娩室に向かい、転がるようにして分娩台へ。

    いきみ始めてからもなかなか出てこない赤ちゃん。

    「ありゃーこのこ頭でっかいわ  あ、髪フサフサ♪」

    と呑気すぎな先生。

    いきんでもいきんでも出てこないので、会陰切開&吸引分娩になりました。

    もうこのころになると、どーにでもしてくれといった感じで、他人事のようにも感じました。
  • 痛すぎて放心状態

    吸引してやっと出てきたわが子。

    体重は3500g以上ありました。頭は大きかったです。

    出産て感動的なものだと思っていましたが、そんな余韻に浸る暇はなく、胎盤を出すために研修医の先生と思われる若い先生が馬乗りになり私のお腹をぐいぐいと押す。
    胎盤が出れば会陰の縫合。なにもかも痛すぎて放心状態でした。


    私、痛みに強いなんて今後一切いません。
    すみませんでしたぁ!
4

妊娠40w前後の体験談

上へもどる