カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノート >
  2. 妊娠・出産 >
  3. 出産 >
  4. 二人目出産は超安産「え、ちょー楽なんですけど!」
出産

[40w]二人目出産は超安産「え、ちょー楽なんですけど!」 [妊娠・出産の体験談]

7094人に読まれました
2016-08-05 15:48
長男出産後2年半がたち、いよいよ二人目の出産が迫ってきました。


  • 陣痛が始まり歩いて病院へ

    長男同様、予定日を5日ほど過ぎたころ、夜中に陣痛が来ました。

    夜中の12時過ぎに定期的な陣痛を確認。まだ痛みが弱かったのでそのまま2時間様子を見ました。

    痛みも少しづつ強くなり、感覚も7分間隔だったので病院に電話をしました。

    「夜間の料金取られるかなー」なんて考えながら。

    夜中だったけど二人目ということと、予定日を過ぎていることからすぐに入院が決定しました。

    まだ余裕があったので夫と歩いて病院へ。途中コンビニに寄って

    「あーやだなーまたあんなに時間かかるよね~。ウイダーインゼリー買っておこう」

    と呑気なものでした。
  • 陣痛は痛いけど余裕

    病院につき、内診をしてもらうも、「すぐに生まれるっていう感じではないかな」

    と言われたので、病棟のある5階から1階の受付まで降りて自分で入院手続き。

    夫は長男と義母が待つ自宅にいったん帰宅しました。

    病室に戻り、陣痛室のベッドに横になりながら、実家やSNSに「陣痛来たー!」と連絡。

    看護師さんにも「余裕ありますねー、痛くないですか^^?」と聞かれましたが、全然大丈夫でした。

    しかし、この後だんだんと痛みは強くなり、呼吸を整えていき見逃しをする事に。

    ただ前回の痛みの比ではなかったので「まだまだまだ!こんなもんじゃないわっ!」

    と気合を入れたのを覚えています。
  • 子宮口前回!分娩室へ

    そんな時助産師さんが内診してくれたのですが、

    「あれれ、もう全開だ。分娩室行こうか!」と。

    「え え え!?もういきんでいいの!?なにこれ楽すぎる!」

    とびっくり!

    全開はベッドごと分娩室に運ばれましたが、今回は陣痛の合間を縫ってスタスタと歩いて分娩室に行きました。

    分娩台に乗ってからも、先生が来るのが間に合わないほどスムーズに生まれてしまい、ここでも拍子抜け。

    分娩室に入る前に夫に連絡していましたが、当然間に合わず。笑

    病院で入院手続きをしてから2時間後の事でした。

    会陰も切ることが無かったので、本当に安産でした。

    ちなみに体重は3400gと大きい方でしたが、お兄ちゃんの築いた産道のおかげですね。

    前回の出産が難産で軽くトラウマだったのに、子供によって全然違うんですね。
0

妊娠40w前後の体験談

上へもどる