カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノート >
  2. 育児 >
  3. 成長の目安 >
  4. 寝返り完成から伝い歩きまで・・・悩ましい出来事
成長の目安

[0歳9ヶ月]寝返り完成から伝い歩きまで・・・悩ましい出来事 [育児の体験談]

1555人に読まれました
2015-10-23 23:41
元の体勢に戻りたいのに戻れない、前に進みたいのに進めない・・・エンドレスかと思うあの状態。いつまで続くんだろう・・・そのたびに思いましたが、振り返るとあっという間なんですよね。

  • お座り完成までが難関

    周りの同じ月齢の子が寝返り完成をしている頃、まだ幻の寝返りだった息子。寝返りができるようになったのは生後6か月に入ったばかりのころ。そこから寝返りがえりまでの道のりが長く、元に戻れず泣き喚く、ズリバイで前に進まず泣き喚く日々。なぜか想いと逆の方に進んでしまうようで、苛立ちを感じていたようでした。
    いつの間にか匍匐前進が四駆並みに高速化したものの、一人で座ることができず。お座りが安定したのは生後8カ月終わりごろのことでした。
    このお座りも胡坐ではなくて正座。まだまだ途中経過といったようでした。
    実のところ、お座りが完成する前。それこそ寝返りをする前から、立ち上がりたがり座ろうとしないことがしょっちゅう。両手をつないでやると、自分から立ち上がっていたものでした。それが故に、お座りが完成した途端つかまり立ちが始まり、伝い歩きまでがあっという間でした。
  • つかまり立ちしたけど、座ることができない

    立つには立てるけど、座ることができず・・・またこのパターンです。
    とにかく後ろに回って、座る練習。腕をゆっくりずらして、お尻を下げて・・・と教え続ける日々。しかし、なぜか私が後ろに回ると、急に両手を離して、私の膝に向かってヒップバウンドしてきます。一瞬両手をふんわり状態にし、まるでキューピーのポーズ。そのまま重力に任せて落ちてくる感じです。
    そのポーズがかわいくて動画でとりたかったのですが、つかまり立ち、伝い歩きからハイハイできる位置に自分から戻れるようになるまで、ほとんどといっていいほど私以外の人間には落下すらしてくれず、泣き喚く状態。私以外の人は仕方がなく、抱きかかえて座らせる方法でもとに戻していました。
    なので、録画することができず・・・非常に残念です。
  • 今では伝い歩きならず、伝い走り

    ベビーサークルを使って、約2畳強の長さを仕切っているので、息子は伝いながら走ります。つかまり立ちが完成したのが9カ月ですが、それと同時に伝い歩き。1週間もする頃には伝い走りに変わっていました。
    後ろに回ってお尻をキャッチしなくなるまで、1か月ほどかかりましたが、今ではハイハイでキャタピラのごとく移動、つかまるところを見つけたら即立ち姿勢、伝って走る・・・まるで、自衛隊の訓練のようです。
    ですが、1歳1か月を目前の今、まだ一人立ちが完成しておらず、時折何かに夢中になった時だけちょこっと静止する程度。

    歩くのはなるべく遅いほうが、転びにくいしっかりしたある気になると聞きますが、蒸す緒が一人で歩けるようになるのはいつのことやら・・・
1

上へもどる