カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノート >
  2. 妊娠・出産 >
  3. 高齢出産 >
  4. 高齢出産でのリスク 妊娠糖尿病について考えたこと。
高齢出産

[20w]高齢出産でのリスク 妊娠糖尿病について考えたこと。 [妊娠・出産の体験談]

5431人に読まれました
2016-06-29 14:42
高齢出産だと何かとリスクがあるということをこの妊娠中にまざまざと見せつけられてしまった最初の出来事、それが「妊娠糖尿病」です。
  • 妊娠糖尿病のリスク

    若くてももちろんなられる方もいらっしゃると思うのですが、この妊娠期間中に3度も検査をするハメになりました。

    妊娠糖尿病のリスクは胎児がお腹の中で大きく育ちすぎてしまう事で、出産がより大変になってしまう事、そして出産後もそのまま糖尿病に移行してしまう方もいらっしゃるようです。

    私の妊娠期間がちょうど新基準での検査が始まった年度だったこともあり、「昨年までだったら引っかからなかったんだけどねえ…」という数値でひっかかりました。

    あまりよく理解せず検査を受けたので、前日にいもけんぴやらアイスクリームやら糖分がこれでもか!と含まれている食べ物を摂取した結果の可能性もアリなのですが、見事に引っかかりました。
  • 糖分を控える生活

    再検査となり、それまでは糖分を控える生活をしました。
    これが結構大変で、世の中「糖質」で溢れ返っていることを初めて感じました。
    まずコンビニで売っているもので食べられるものが見つけられません。
    糖質制限食をネットで探したり、料理も甘味のないもの中心に作るようになりました。
    それでも甘いものを欲してしまうのでストレスでもありました。
    少しでも気を抜くと検査の数値に出るので、体は正直なんだなあ、トホホ…と肩を落とすこと3回。

    普段から控えた方がもちろんいいのでしょうが、検査の前日は特に糖分は控えた方が良いです。

みんなへメッセージやアドバイス

結局妊娠糖尿病ではなく1歩手前の状態でしたが、高齢出産だと罹患率が高いようです。
普段の食生活から気をつけていれば土壇場で大変な思いをせずに済んだかもしれないと思いました。
2

妊娠20w前後の体験談

上へもどる