カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノート >
  2. 育児 >
  3. 授乳 >
  4. 完全母乳育児への道
授乳

[0歳1ヶ月]完全母乳育児への道 [育児の体験談]

447人に読まれました
2015-06-02 07:08
完全母乳育児が理想でしたが、最初は母乳が足りずに混合でした。しかし、諦めずに飲ませていると1か月程で完母に切り替えることができました。
  • 量が足りているか心配でした

    完全母乳育児が理想だった私は、哺乳瓶も買わずに出産に挑みました。
    しかし、思うように出てくるようにはならず、退院する日にミルクセットを買って自宅に戻りました。

    授乳指導で赤ちゃんにおっぱいを吸ってもらうことでそのうち出てくるようになると説明を受けていたので、
    おっぱいを吸わせてからミルクを飲ませる方法を続けていました。
    ただ、授乳指導ではおっぱいは片方5分ずつと指導されていましたが、
    なんとなくたくさん吸ってもらった方が出てくるようになる気がして、赤ちゃんが吸いたがるだけ吸わせていました。

    そしてご飯と水分をとにかくたくさん摂取しました。
    ご飯は毎食おかわりして、水分も授乳の度にお茶を一杯飲みました。
    授乳で栄養が取られているせいか、自分でもびっくりするくらい食べていました。
    しかし、お餅とお菓子など油分の多いものは摂らないように気を付けました。

    もう一つはおっぱいマッサージをするようにしました。
    授乳の前に乳首を赤ちゃんが咥えやすくなるように柔らかくするため、いろんな方向から指先でつまんで圧迫する乳頭マッサージをしました。
    入浴時には基底部マッサージをしました。
    これはおっぱいの根本を動かすようなイメージで、全体をつかんでいろんな方向に大きく動かすマッサージです。

    赤ちゃんは授乳が終わってからも泣いていることが多かったです。
    やっぱり母乳が足りていないんじゃないかと落ち込みました。
    しかし追加して飲ませると吐いてしまったり、でも泣いているから足りないんじゃないかと心配になったり、飲ませすぎると母乳よりミルクを好きになるんじゃないかと思ったり、切なかったです。
    母乳の出ている量がわからない為にミルクを足す量もわからないのです。

    そうやって格闘して1か月検診のときに相談してみると「もうミルク足さなくてもいいみたい」との言葉。
    体重が基準の2倍も増えていました。
    本当に嬉しかったですが、飲ませてあげないと泣きっぱなしです。
    それも相談してみると、添い乳をしてみることをアドバイスされました。
    早速挑戦してみると、安心してよく眠れるようでした。
    泣いていたのは足りていなかったからではなく、おっぱいが離れて不安を感じていたからだったようです。
    こうして完全母乳に切り替えることができました。

みんなへメッセージやアドバイス

現在8か月まで、完全母乳を続けることができています。
一か月経ってから母乳が出るようになることもあったので、母乳を希望のお母さんは諦めずに授乳を続けてみてください。
でも、ミルクでも母乳でも授乳時間は赤ちゃんの気持ちよさそうな顔が眺められて幸せな時間です。
0

上へもどる