カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノート >
  2. 育児 >
  3. 病気と症状 >
  4. 大人のリンゴ病は危険!
病気と症状

[8歳]大人のリンゴ病は危険! [育児の体験談]

529人に読まれました
2015-10-22 08:50
子どもが小学3年生のときに、リンゴ病にかかりました。

熱が出て風邪かと思い、病院で受診したら、「リンゴ病」とのこと。そのころ、学校でリンゴ病が流行していたのを、私は知らなかったのです。

「だるい」「頭が痛い」と訴え、リビングにお布団を敷いて、寝かせていました。今度は、2~3日もしないうちに、下の子も同じように熱が出て、「だるい」「頭が痛い」とのこと。病院に受診して、こちらも「リンゴ病」との診断。

兄弟そろって、学校と幼稚園を休み、リビングにお布団を敷き詰めて、ゴロゴロしながらお休みしていました。

上の子が良くなった頃、私に異変が起きたのです。

【大人のリンゴ病】
・38℃以上の高熱と激しいめまい
・嘔吐
・この上ない倦怠感
・帯状疱疹かも?と思われるような湿疹
・指先のむくみ
・関節痛

とくに、倦怠感と関節痛は、長期間にわたり続きました。

関節痛?と軽く考えがちですが、電子レンジのボタンさえ押せないような、激しい痛みが襲ってくるのです。歩くたびに激痛が走る。

倦怠感は、「だるい」という言葉だけでは言い表せないつらさがありました。横になっていても苦しく、いつになったらこの症状から抜け出せるのか?という絶望感も...。

のちに、学校の保護者会の時に、ママさんにお話をしたら、ちょうどパパさんも私と同じ症状で、あまりの苦しさに、救急車を呼んで病院に運ばれたそうです。検査をしてもわからず、原因不明のまま。1ヶ月が過ぎて治ったとのこと。「リンゴ病だったのね!」とすっきりしていらっしゃいました。

男の人は、痛みに弱いのかもしれませんね^^;

みんなへメッセージやアドバイス

みなさんも、お子さんのまわりで、リンゴ病が流行し始めたら、マスクをして手洗いうがいを心がけてくださいね♡
1

妊娠8歳前後の体験談

上へもどる