カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノート >
  2. 育児 >
  3. ママの悩み >
  4. 意外と楽しい!ママ友との付き合い方
ママの悩み

[5歳]意外と楽しい!ママ友との付き合い方 [育児の体験談]

531人に読まれました
2015-10-22 12:30
「ママ友」という言葉に、私は先入観がありました。
いろんなテレビやネットで、ママ友との付き合い方やトラブルなど様々な情報が飛び交い、いいイメージはなく、なんとなくいやだな~、苦手だな~という感じでした。

もともと人見知りな上に、主人の転勤で引っ越してきたばかりで、近くに友達もいませんでした。
児童センターなどで軽く話す友達はいましたが、「ママ友」という感じではなく、会えば話すくらい。
幼稚園に入園するとき、「ママ友付き合い、どうやればいいのかな?」「ちょっとめんどくさいな~」という気持ちしかなく、率先して他のママたちとランチに行ったりとかはしませんでした。

そのまま、年少、年中、と過ぎていき、年長になり、クラス役員をすることになりました。
うちの幼稚園は、在園中にみんな一度はなにか役員をしなければいけなくて、最後まで残っていた私には、クラス役員がまわってきました。
ほかの役員のママたちと何度か集合して、一緒になって運動会の準備やバザーの準備をすすめることになりました。
私は専業主婦で、幼稚園に通う長男の下に2人小さな子供もいて、普段は育児に追われ、1日子供としか話さない日もあり、唯一の息抜きは、たまに地元の友達と電話することでした。
そんな中、クラス役員のママたちと集合して、話し合いしながらも雑談したり、小さな愚痴を言い合ったり、幼稚園行事の準備も学生時代みたいで、とても楽しく過ごすことができました。
そして、行事が終了すると、打ち上げでみんなでごはんに行ったりしました。
もちろん、みんな、小さな子供もいるし、パートをしているママもいたので、短い時間でしたが、私にとってはとてもいい息抜きになりました。

ついつい、「ママ友」という言葉にしばられて、自分の世界を狭くしていたのは私自身でした。
今でも、普段の日にママ友とランチ、という感じは苦手ですが、みんなで一緒になにかをやったり、子供たちのためにみんなで一生懸命考えたり、そういう付き合い方が私には合っているなと気づくことができました。

みんなへメッセージやアドバイス

思い込みを捨てて、無理せず、自分にあったママ友との付き合い方を見つければ、ママ友付き合いが苦手な人も、楽しい幼稚園時代を過ごせるのではないでしょうか?
1

妊娠5歳前後の体験談

上へもどる