カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノート >
  2. 育児 >
  3. 病気と症状 >
  4. 未熟児網膜症、保育園とメガネ
病気と症状

[3歳]未熟児網膜症、保育園とメガネ [育児の体験談]

1001人に読まれました
2015-10-22 13:47
「未熟児網膜症、3歳の息子のメガネが届きました♪」の続きの記事です。

760gで生まれた息子は未熟児網膜症の治療を受けました。
現在は3歳で保育園に通っている息子です。


先日メガネが出来上がりさっそく保育園に眼鏡をかけていった息子。
出発前は「保育園にこれ(メガネ)持って行っていい!?」と嬉しそうにしているのを見て安心していました。


しかし、保育園に着いたとたん帽子と一緒にメガネを外す息子。


「どうしたの?メガネかけないの?」


と尋ねると


「だって皆メガネつけてないよ」


と、どうやら皆と違うことへの不安と恥ずかしさがある様・・・。
眼の先生はメガネをかけててねって言ってたよ。と言っても聞かぬふり。


保育所の先生には日中はなるべくつける様に指示されたこと、最初は無理強いはしないようにする事を伝えました。
そして先生にメガネを預けることに。


あ~、今日はかけないだろうな・・・・。明日からどうしよう。
と思っていました。


夕方に息子を迎えに行くと園庭で遊んでいる息子が。
・・・・・・・・メガネかけてる!!!

朝に嫌がっていた息子はメガネに気を取られず駆け回っていました!

嬉しかった私はさっそく担任の先生に今日の様子を聞いてみると。

先生が朝に息子がメガネをかけはじめること、おもちゃじゃないので引っ張ったり取ったりしないことを紹介した後に
メガネをかけさせると息子は嫌がって外すことなくずっとかけていたとのこと。


先生の対応は当たり前の事ですが、それが息子にとっては大きな違いだったみたい。
先生凄い!!


1日目は同じクラスの子からの質問攻めでしたが、次の日からはもう慣れた様子でした。
3日目からは年長さんからの質問攻め・・・・息子は恥ずかしそうでした。


子どもの素直な疑問は時に息子にとっては傷つくかもしれません。
説明して理解し、納得する段階までいかないと子どもたちは相手を理解できない様です。


息子にとっては大変な時で、ママはずっとは側にいられないけど子どもの気持ちの支えでいたいです。
ちゃんと見ているからね~!
2

妊娠3歳前後の体験談

上へもどる