カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノート >
  2. 妊娠・出産 >
  3. お金・各種制度 >
  4. 教育費、どうやって貯めよう。
お金・各種制度

[40w]教育費、どうやって貯めよう。 [妊娠・出産の体験談]

4834人に読まれました
2015-10-23 10:14
妊娠中から子供のための教育資金の貯め方をいろいろ考えました。

一番の候補としては各保険会社から発売されている「学資保険」に加入するつもりでした。


長男出産後、近所の保険相談ができるお店に出向き、FPさんと今後の資金計画を練ることにしました。



この時、民主党政権で子ども手当が2万6千円もらえるというマニフェストだったのですが、

実際貰っていたのは1万5千円。皆さんご存知の通りこの先増額されることはありませんでしたし、あっという間に「子ども手当」という名前も消えてしまいましたが…(汗)


貰った子ども手当を全額学資保険にまわそうと思っていたのですが、この時点で計画が狂いましたね。笑


一般的に大学進学時に必要な学費を溜めるために学資保険に入るという方が多いと思います。

私立文系大学だと600万円ほど掛かるそうです。

我が家の場合、月々に払える金額はそこまで多くなかったので、子が18歳の時に600万円全額が払い込まれる保険に入るのは到底無理。


そもそも子供は大学に行くのかしら?

まあ先の事を考えても仕方ないので、子供が大学進学する体で話は進みます。


私は所謂学資保険に加入するものだと思っていましたが、FPさんが勧めてくれたのは夫名義で加入する貯蓄型の保険。

払い込みは10年で完了し、その後そのお金に手を付けなければ利率よくお金が増やせるというものです。

10年で払い込みが完了なので、月々の支払は少々高くなりますが、小学生低学年まではそこまでお金がかからないだろうという目論見で契約しました。

息子が大学入学時には400万円ほど貯まる計算です。

もし契約者の夫に何かあれば生命保険も出ますし、その時点で払い込みの義務はなくなるので安心です。



さて、我が家の息子はどんな進路を歩むのでしょうか。

このご時世ですと大学に行ったからって就職できるとも限りません。

15年後、どんなふうになっているのかドキドキですね。

息子のやりたいことが出来るよう、頑張って貯めなければ!




0

妊娠40w前後の体験談

上へもどる