カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノート >
  2. 育児 >
  3. 保育園・施設 >
  4. 【発達障害様子見】幼稚園入園後
保育園・施設

[3歳]【発達障害様子見】幼稚園入園後 [育児の体験談]

745人に読まれました
2015-10-23 10:32
発達障害様子見の息子が入園した幼稚園は、普通の私立幼稚園です。

面接時に受かるかどうかを園側検討され、なんとかギリギリで入園許可が出た幼稚園。


このころの息子は、言葉は沢山出ていましたが、家族以外のコミュニケーションがうまく取れない子でした。
あと慣れない場所からの脱走も目につきました。

オムツはばっちり外れていましたし、身辺自立は出来ていたと思います。


さて入園式当日。

慣れない場所で脱走しないかヒヤヒヤしましたが、子供の横にお母さんも一緒に座るというスタイルだったので問題ありませんでした。

うしろでビデオを回すお父さんをチラチラ見ていたくらい。


しかし、翌日からの園生活は結構大変だったようです。(先生談)

朝、教室に入ることは出来るものの、シールノートにシールを貼ったり鞄をロッカーに置いたりと一連の作業を全くやりません。

ちょっとでも嫌だな、と感じることがあると上履きのままパーッと外に走り出します。
たぶん、同じ年代の子供が沢山いる教室の中の居心地が悪かったのだと思います。

まだまだ年少さんの1学期。早生まれの子などは本当に幼いので息子のこういった行動が悪目立ちすることは無かったのですが、見ている親はヒヤヒヤ。

そして周りと同じように出来ない息子を見てイライラ。


朝の支度のほかに、みんなで輪になって歌を歌うことや体操をすることも相変わらず放棄しているようでした。

息子のクラスには担任の先生のほかにベテランの先生も補助で付いてくださっていたので、フそんな息子に対するフォローも素晴らしかったのですが、本当に申し訳なかったです。


そんな息子ですが1学期が終わるころには周りのお友達と集団行動ができるようになってきました。
脱走も無くなりました。

個人面談の時には「クラスで一番成長してる」と仰っていただきました。(最初が酷かったからっていう笑)


集団行動ができても「お友達と遊ぶ」ということは難しいようでしたが

成長している息子を見て誇らしく感じました。







1

妊娠3歳前後の体験談

上へもどる