カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノート >
  2. 育児 >
  3. 病気と症状 >
  4. 小腸狭窄その後
病気と症状

[0歳2ヶ月]小腸狭窄その後 [育児の体験談]

513人に読まれました
2015-10-23 13:48
退院後の追記を少々。
家に帰ってからも、母乳だけという事はなく、エレンタールという栄養補水液のようなものを飲ませていました。それと腸の動きを良くする薬と整腸剤を1日3回飲ませました。
産まれてから2ヶ月間母乳を吸わせる事が出来なかった為、母乳の出が悪くなっていてミルクも併用しましたが、量を多く飲ませた時にマーライオンのように嘔吐し、アレルギー検査の結果、ミルクアレルギーも判明しました。最近はミルクアレルギーの子用のミルクもあるんですね、ちょっと割高で多少においが気になりますがとても助かりました。

腸の動きを知るためにはうんちが出ているかどうかで判断します。1日1回出ないようなら綿棒浣腸で出させました。病気が関係しているのかどうかは分かりませんが、1歳半頃まで便秘がちでこちらはハラハラしながら過ごしました。どうしても元気な子よりは腸重積や手術の場所の癒着などのリスクは多少あるようです。

薬は1歳頃までは飲み続け、7ヶ月頃からは離乳食も始めることができました。固形物を与えるのは緊張しましたが、元気に腸も動いてくれているようで問題なく進みました。

3歳になった今では検診も1年毎になり、次は2年後でいいようです。「他のお子さん達と全く一緒ですから同じように過ごして大丈夫ですよ」と言われています。

女の子なのでおへその上にお腹の幅いっぱいにある傷だけが気になりますが、生きる為には仕方なかった事だと思いますし、受け入れてくれる事を願うしかありません。今はまだ傷がある事を自分では特に気にしていないようなのでどのタイミングで話をするか思案中です。
1

病気と症状の人気体験談ランキング

上へもどる